矯正図書館>刑事政策文献情報


刑事政策文献情報

矯正図書館の新着受入資料から、刑事政策に関連する論文記事等を掲載します。

  • 受入雑誌については「継続受入雑誌一覧」「新着雑誌」をご覧ください。
  • 矯正協会発行の月刊誌『刑政』の「文献月報」に、順次、掲載します。
  • インターネット上で本文が無料で閲覧できるものには、リンクを張っています。
  • コピーをご希望の方は複写依頼のリンクをクリックして必要事項を入力して送信してください。→複写依頼
    (著作権法により最新号はコピーできませんので、ご了承ください。)

サイトの更新情報サイト全体の更新情報のRSSです。

9月, 8月, 7月,  6月~4月

2018年9月

▽法律のひろば71-9

・〈ひろば時論〉人工知能(AI)と刑事政策……(究)

▽更生保護69-9

〈特集 親子関係〉親子関係が変容する中で……前川洋,少年院における保護者への働き掛け……吉田育美,保護司のためのメディエーション入門……安藤信明,親・家族を支えて、子どもを守る―あめあがりの会の21年……春野すみれ,脳科学から見た思春期・反抗期……渡辺久子,更生支援と児童相談所の課題―A君の事例から考える……打越雅祥,(現場からのレポート)担当保護司と協力し家族を支援した事例……伊藤広行,少年鑑別所から見た最近の親子関係とその支援……前里光作,子供の成長を親が受け入れるまで……石橋義信/吉村惠美子,小学校で「朝ごはんやさん」……表西弘子,家族の虐待から非行に至った少年……胡桃澤昌謙
・〈図書紹介〉『更生支援における「協働モデル」の実現に向けた試論 再犯防止をやめれば再犯は減る』著者 吉間慎一郎/発行所 LABO……酒井邦彦
・〈社会貢献活動紹介〉(37)社会貢献活動を終えて……宮川公子
・〈北から南から~更生保護施設紹介〉更生保護施設あけぼの寮での支援……大島芳弘
・〈就労支援と協力雇用主〉都道府県就労支援事業者機構便り―愛媛県の巻……新山眞佐子

▽教育と医学66-9

〈特集 マインドフルネス(瞑想)と教育・医療〉矯正教育におけるマインドフルネス:効果と課題……池埜聡

▽犯罪心理学研究56-1

・再犯リスクに基づいた女子受刑者の類型化の試み……神藤彩子ほか
・刑務所内治療共同体の再入所低下効果―傾向スコアによる交絡調整を用いた検証……毛利真弓/藤岡淳子
・性犯罪者の愛着スタイルと「現在の母親」との関係について……星あづさ/河野荘子
・犯罪者プロファイリングの信頼や期待に関するイメージ比較……倉石宏樹/渡邉和美
・性犯罪を対象とした罪種間の移行性と各種窃盗犯罪との関連……財津亘
・触法少年に対する児童相談所の指導効果……緒方康介
・犯罪被害者遺族による制度評価―被害者参加制度・意見陳述制度に着目して……白岩祐子ほか

▽精神科治療学33-8

〈特集 司法を考慮した精神科医療と支援―発達障害から近年のトピックとなる精神障害まで〉特集にあたって……古茶大樹,精神鑑定から学ぶ臨床精神医学……古茶大樹,ギャンブル障害……蒲生裕司,クレプトマニア……吉永千恵子,司法を考慮したパーソナリティ障害の臨床……岡田幸之,反抗挑発症と素行症―特に冷淡で無感情な特性に焦点づけて……原田謙,司法的観点を活かした発達障害臨床……安藤久美子,ドメスティック・バイオレンスの被害者治療と加害者更生……妹尾栄一,暴力を伴うひきこもりケースに対する治療・支援……近藤直司/広沢昇,薬物事犯の精神科的治療……谷渕由布子ほか,性犯罪加害者・被害者のアセスメントと治療アプローチ……中澤佳奈子/安藤久美子,児童自立支援施設の社会における役割と地域連携のあり方……冨田拓,医療少年院における精神科治療……遠藤季哉,矯正医療の現状と一般精神科医療に求めること……奥村雄介,長崎県地域生活定着支援センターの実践から見えてきたもの―“やさしい社会”のつくり方……伊豆丸剛史,触法行為のある障害者に対する地域支援機関における役割と実践……越野緑

▽アディクションと家族33-1

〈特集 現代社会における依存と嗜癖―回復の多様性を求めて〉
 (シンポジウムI 各国における多様な回復への試み―テーラー・メイドの回復支援)アメリカの薬物政策の動向―自己使用者のトリートメントは「厳罰化」か「非犯罪化」か……丸山泰弘,人に焦点を当てる―プロジェクト・オンブレの取り組みを中心に……近藤京子,オランダにおける薬物使用者に配慮のあるホームレス者支援……徐淑子,日本の実践―薬物依存症の回復支援……成瀬暢也,
 (シンポジウムII オープンダイアローグの可能性)座長より……斎藤環,アディクションにおける関係性の回復―オープンダイアローグへの期待……森田展彰,オープンダイアローグの実践―ロールプレイから対話の流れを学ぶ……森川すいめい,
 (シンポジウムIII ハーム・リダクション:回復支援のこれから―依存症からの回復から“生きること”の支援へ)薬物依存症再考……市川岳仁,生きることの支援―ギャンブル依存からの回復……中村努,生活に悪影響を与える行動習慣に対して私たち医療・精神保健の援助識者は何をして、何をすべきでないのか?―リカバリー・イネーブラーとしてのアイデンティティと専門職モラル……西村直之,(記念対談)現代社会における依存と嗜癖―回復の多様性を求めて……近藤恒夫/斎藤学/(司会)石塚伸一,(講演)嗜癖行動と家族問題……斎藤学
・官民協働刑務所におけるアルコールの問題を有する受刑者を対象とした教育プログラムの取り組みについて……藤田(道重)さおりほか

▽アディクションと家族33-2

〈特集 性暴力―被害と加害をめぐって〉特集にあたって―強制性交等罪をめぐって……斎藤学,実態に即した性暴力被害者支援と刑法改正……平川和子,性犯罪への対応―司法の立場から……林大悟,性犯罪治療の現場から―性犯罪者の包括的地域トリートメント……斉藤佳,児童期性的虐待とレジリアンス……斉藤学,(当事者座談会1)痴漢をしないで生きる道を求めて……(聞き手)斎藤学,(当事者座談会2)性被害という過去を記憶の棚におさめる……(聞き手)斎藤学
・刑事施設の嗜癖対応の現状―ある刑事施設の改善指導・教科指導……田村勝弘

▽犯罪学雑誌84-4

・男性の性暴力被害への医師の対応状況および‘神話’に関する意識調査―二次被害の防止を見据えて……大竹優太ほか

▽現代思想46-11

〈特集 性暴力・セクハラ〉性犯罪規定の改正が意味するもの……後藤弘子,〈討議〉被害/加害の語りに耳を傾け、支援する……坂上香/上岡陽江

▽法律時報90-9

・〈BOOK REVIEW〉唐沢穣・松村良之・奥田太郎編著『責任と法意識の人間科学』……城下裕二

▽法律時報90-10

・〈刑事法学の動き〉安田拓人ほか「特集『責任』の意義の多角的検討」法律時報90巻1号(2018年)4頁以下……松宮孝明

南山法学41-3・4

カリフォルニア州の刑務所改革と2016年「第57提案」……澤登文治
少年事件における弁護士付添人の関わり……丸山雅夫

▽愛知学院大学論叢 法学研究59-3・4

・少年の冤罪―ディスコミュニケーションからの考察……服部朗

熊本法学143

組織犯罪処罰法改正を考える―立法理由の正当性、濫用の危険性そして専門家のあり方についての一考察……岡本洋一

<TOP>

2018年8月

▽罪と罰55-3

・〈巻頭言〉保護観察処遇のいま……畝本直美
〈論説 刑事司法と生物社会学〉犯罪生物学の再興―エイドリアン・レインによる講演「暴力の解剖学」……浜井浩一,ヒトはなぜ犯罪を犯すのか:進化生物学から見たヒトの行動戦略……長谷川眞理子,刑事司法において心と脳の異常の意味を正しく取り扱う……岡田幸之,双生児法を用いた人間行動遺伝学―パーソナリティ特性と問題行動に関する心理学的知見……田中麻未
・〈刑事政策時評〉彷徨える「被害者の落ち度伝説」と事案の適正評価のゆくえ……星周一郎
・〈海外の刑事政策のいま〉テロリスト/暴力的過激主義者の更生と社会復帰の取組について:効果的な処遇に関する論点整理……山本麻奈
・再犯防止施策の効果検証を行うための指針―CODC指針の紹介……高橋哲
・〈刑事政策研究室〉市区町村における被害者支援条例制定の必要性……尾﨑万帆子
・〈書評〉「性犯罪者への治療的・教育的アプローチ」(金剛出版)の発刊に寄せて……名執雅子
・〈刑事実務の現場から〉BBS―悩める子どもたちを支える青年ボランティア……日本BBS連盟
・〈入門講座〉少年保護事件―非行少年の発見から審判まで……丸山雅夫

▽法学セミナー764

・〈ロー・ジャーナル〉塀のない刑務所の意義……松原英世

▽更生保護69-8

・加害者家族をどう支援していけばよいのか……香山リカ
〈特集 危機場面の対応〉担当保護司が遭遇し得る危機場面での対応……長尾和哉,関係機関の連携・協働による危機場面への対応……箕口雅博,ストーカー・配偶者からの暴力事案等に対する警察の取組……西川拓也,精神疾患を有する保護観察対象者への対応……谷美祐紀,DV加害者の危機を救ったのは?……栗原加代美,(現場からのレポート)親子関係のトラブルに遭遇した少年の事例……K・Y,家族崩壊の危機を乗り越えた事例……F・M,ストーカー行為のあった薬物事犯者の再犯……道野重信,(北から南から~更生保護施設紹介)人とともに 人のために……佐々木孝一,危機回避に向けた施設づくりと日々の処遇……髙谷勝
・〈RELAYサポセン〉長浜保護区更生保護サポートセンター……滋賀県長浜保護区保護司会
・〈BBS通信〉学習支援と矯正展……秋田大学BBS会
・〈就労支援と協力雇用主〉都道府県就労支援事業者機構便り―栃木県の巻

▽犯罪と刑罰27

〈特集 自由刑の一本化とそのあり方〉行刑・処遇における矯正と強制……中村悠人,「再犯防止」と「自由刑の単一化」……森久智江,自由刑の単一化と薬物事犯……丸山泰弘,保護処分の法的性質―刑罰および保安処分との比較……斉藤豊治

▽被害者学研究28

・〈基調講演〉被害者学と被害者政策……田村正博
・犯罪行為者と被害者による自立的な紛争解決が有する刑事政策上の意義とその限界―ドイツ刑法46条aは過剰な法律化だったのか?……土井和重
・〈シリーズ:被害者学各論〉(第21回)批判的被害者学からみた改正性刑法の評価と今後の課題―3年後を目処とした検討に向けて……柴田守
・〈シリーズ:被害者学各論〉(第22回)被害(者)調査の現状と課題……池田暁子
・〈シリーズ:世界の被害者学〉(第24回)ニュージーランドにおける被害者支援団体(VS)の活動とワンストップ支援……千手正治
・〈シリーズ:世界の被害者学〉(第26回)ドイツの被害者支援の現在―2015年第三次被害者権利改革法を中心にして……黒澤睦
〈シンポジウム 犯罪者処遇における犯罪者の更生と被害者の回復〉シンポジウムの趣旨……小柳武,少年院における「被害者の視点を取り入れた教育」の実情―ある女子少年院の取組から……溝口麻美,被害者の視点を取り入れた教育に携わって感じること……和氣みち子,刑事施設における被害者の視点を取り入れた教育の実状……藤野京子,被害者の包摂と回復、並びに加害者の再統合……小長井賀與,更生保護における犯罪被害者……左近司彩子

▽刑事法ジャーナル56

・〈外国刑事法務事情〉英国刑事法務事情(54)―LIV 2017年12月~2018年2月の主要動向……清野憲一
・〈書評〉河原俊也編著『ケースから読み解く少年事件―実務の技―』(2017年,青林書院)……丸山雅夫

▽捜査研究811

・〈文献紹介〉(239)『社会安全政策論』警察政策学会編(立花書房)……清水真
・犯罪被害者等給付金の支給等による犯罪被害者等の支援に関する法律施行令の一部を改正する政令等の概要について……冨樫良平

▽家庭の法と裁判15

・〈外国少年司法事情〉(9) 北欧(8) スウェーデンの少年保護法制―社会事業法(SOL法)(その1)……廣瀬健二
・〈少年矯正の現場から〉(第10回)東北少年院における専門的職業指導と就労支援の取組について……伊藤雅美
・〈少年友の会の現場から〉少年に寄り添った諸活動……新潟家庭少年友の会,ほか

▽矯正医学66-3

・〈会長講演〉矯正施設における摂食障害の病態と治療……瀧井正人
・〈特別講演〉自閉スペクトラム症をめぐる司法的問題……十一元三
〈シンポジウム 矯正施設の看護をめぐる諸問題について〉矯正施設の看護をめぐる諸問題について……林真輝,准看護師の立場から……平尾晋一,医療重点施設の立場から……川島好行,医療専門施設の立場から……森本千鶴,医療少年院の立場から……竹下泰子

国立のぞみの園 紀要11

〈福祉の支援を必要とする矯正施設を退所した知的障害者等への支援〉矯正施設を退所し自宅等で地域生活をしている知的障害者等の生活実態調査―全国地域生活定着支援センターに対するアンケート調査から……古屋和彦ほか

▽臨床心理学106

〈公認心理師のための職場地図〉[司法・矯正領域]家庭裁判所(調査官)……植杉永美子,矯正施設(心理技官)……大江由香,医療観察法病棟……壁屋康洋,(トピックス)社会復帰支援……藤岡淳子,PFI刑務所……毛利真弓,修復的司法……小松原織香

▽中央ロー・ジャーナル15-1

・生命の法的保護の矛盾撞着(2・完)―死刑の正当化事由をめぐって……長井圓

▽関西大学法学論集68-2

・朱子の死刑論―犯罪被害者の立場から……佐立治人

<TOP>

2018年7月

▽法律のひろば71-7

・〈ひろば時論〉保護観察におけるケース・フォーミュレーションの導入について……(保)
・再犯防止推進における地方公共団体との連携―第68回“社会を明るくする運動”―犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ―に寄せて……原沢和茂

▽法曹813

・あなたのまなざしで再出発を見守る社会へ―第68回“社会を明るくする運動”……石川祐介

▽自由と正義69-7

・再犯をめぐる近年の状況と再犯防止推進計画―“社会を明るくする運動”に寄せて……吉田研一郎

▽月刊刑事弁護95

・〈法律家のための犯罪学入門〉(第34回)刑務所と社会との関係を考える―大井造船作業場の逃走事案から……浜井浩一

▽研修840

・〈研修の現場から〉福祉支援が必要な者の生活環境調整の事例―第53回保護観察官高等科研修における事例研究から……田中大輔

▽司法法制部季報148

・犯罪被害者支援と法テラス……山崎学

▽ケース研究332

・社会的格差の拡大と少年刑法犯の減少―「明るい社会」は実現しつつあるのか?……土井隆義
・〈実務ノート〉少年鑑別所が行う地域援助の実際―法務少年支援センターの取組……向野里子

▽青少年問題671

・「青年」という年齢段階と法の年齢区分―少年法適用年齢を題材として……横山実
〈特集「青年」という年齢段階を考える―学際的視点から〉青年という年齢段階を考える―脳の発達の視点から……八木淳子,学生相談の実務からみる青年像―一八歳成人問題との関連で考える……北島歩美,情状鑑定の実践からみた青年像……須藤明,犯罪統計からみた青年(若年成人)の特徴……浜井浩一,(特集の解説)学際的視点からみる青年……岡本吉生
・第68回“社会を明るくする運動”―犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ……塚田三貴雄
・〈自著を語る〉『目くじら社会の人間関係』講談社2017年9月……佐藤直樹,『シリーズ刑事司法を考える 第4巻 犯罪被害者と刑事司法』岩波書店2017年9月……指宿信

▽更生保護69-7

〈特集 少年非行〉少年法の特徴と課題―改正論議の前提として……廣瀬健二,少年の処遇について……吉原克紀,新潟少年学院の高等学校卒業程度認定試験コース……土屋亮,愛着障害と非行……友田明美,ゆとり世代の若者たち―最近の若者研究から……原田曜平,少年院はTraining School……由良徹,(更生保護からつなげる)(53)非行少年の背景に想いをはせる大人……堀井智帆,(現場からのレポート)男子少年保護観察対象者の処遇事例……橋本剛士,慰謝の気持ちを持ち続けた少年の事例……山口範之,(北から南から:更生保護施設紹介)おとなしい天涯孤独のA君……三橋登之治

▽更生保護学研究12

〈第3回世界保護観察会議基調講演〉効果的な保護観察:保護観察研究の過去,現在,未来……ピーター・レイナー/守谷哲毅(監訳)
・〈現場からの報告〉東京保護観察所における性犯罪者処遇プログラムの効果検証及び再犯リスク分析……赤木寛隆/石川亜弓
・〈書評〉『刑罰制度改革の前に考えておくべきこと』本庄武・武内謙治編著/日本評論社2017年12月……生駒貴弘
(日本更生保護学会第6回大会報告)
・大会報告……生島浩
・〈基調講演〉「人の立ち直りの支援」を考える―我が法曹人生を振り返りながら……横田尤孝
・〈大会企画シンポジウム〉地域に支えられた立ち直り支援―それって,説明してください……(コーディネーター・司会)生島浩,(パネリスト)半澤利一/倉持俊宏/木下裕志/南元英夫,(指定討論)丹波史紀
〈大会企画セッション〉(1)東日本大震災からの復興支援の現場から見えるもの―更生保護関係者の視点から見た現状と課題……(企画)鈴木庄市,(司会)佐々木武則,(話題提供者)神林知明/加藤登美子/荒秀一/小畑善昭,(指定討論者)齋場昌宏,(2)東日本大震災におけるBBS活動……(企画)日本BBS連盟,(司会)房間修一,(報告者)柴香里/丹治健太/大沢和宏/高垣晴夫/栃木政章,(指定討論者)戸田信久,(3)福祉との連携による事例検討……(企画)高橋有紀,(司会)大村美保,(パネリスト)藤井要/福西毅/西原実,(4)次代の保護観察官を考える―その役割と専門性……(企画・司会)西瀬戸伸子,(報告者)横地環/押切久遠/新海浩之/菊池安希子,(指定討論者)平尾博志,(5)医療観察:福島・相双地区の精神医療・保健・福祉の現状―Social disadvantageからの脱却……(企画)大嶋昭太郎/須藤康宏,(司会)須藤康宏,(報告者)蟻塚亮二/花井愛理菜/伏見香代/四條拓哉/菅原資浩,(6)窃盗更生支援プログラム―システムズ・アプローチの実践……(企画・司会)生島浩,(報告者)生島浩/星秀和/池田克彦/大藤恵美子/塩田英美,(指定討論)石川正興/水藤昌彦

▽犯罪学雑誌84-3

(第54回日本犯罪学会総会報告)
〈シンポジウム:犯罪学の更なる発展に向けて―学際的・実践的連携を考える〉第一部:地域社会と犯罪防止……(座長)小林寿一,(シンポジスト)中谷友樹/雨宮護/高木大資/島田貴仁,(指定発言)矢島正見,第二部:医療と法―裁判員裁判の鑑定について……(座長)藤田眞幸,(シンポジスト)池田典昭/岡田幸之/加藤久雄,(指定発言)安部哲夫

▽特殊教育学研究55-5

(日本特殊教育学会第55回大会シンポジウム報告)
・性犯罪・トラブルを犯した知的・発達障害のある人への地域での包括支援―性犯罪加害再犯防止プログラムSOTSEC-IDの実践から特別支援教育・福祉実践の課題を探る……(企画・司会)堀江まゆみ,(話題提供者)平井威/藤間英之/山田恵太,(指定討論者)金子陽子
・アイスランド・フィンランドにおける「非行・触法・薬物依存等」の発達困難を有する青少年への発達支援の取り組みと日本の課題……(企画)髙橋智ほか,(司会)髙橋智,(話題提供者)内藤千尋/石川衣紀,(指定討論者)金子陽子/小山定明

▽法律時報90-8

・〈刑事法学の動き〉大谷彬矩「『行刑の社会化』論の再検討―代替概念としての『同化原則』の可能性」九大法政研究84巻2号(2017年)271頁以下……浅田和茂

▽成蹊法学88

・刑法総論覚書(3)―「刑罰」についての考察……伊藤司

▽法研論集(早稲田大学大学院)166

・触法精神障害者に関する対応策をめぐる「人権保障」と「公共の福祉」との相克についての考察(1)―改正刑法草案における「保安処分」を中心に……洪士軒

立命館法学377

フランツ・フォン・リストにおける法益概念の刑事政策的含意……朴普錫
中華民国時代の犯罪体系……孫文
近世日本の贖刑論の一考察(一)……片保涼介

▽法政研究85-1

・再犯予防及び刑の個別化に関する法案第一四一三号提案理由書……井上宜裕(訳)
・少年司法保護局公的部門の施設及び機関に関する二〇〇七年一一月六日のデクレ第二〇〇七-一五七三号……フランス刑事立法研究会(訳)

<TOP>

ホームへ  次のページ


Copyright (C) 2003-2018 Japanese Correctional Association Library, All rights reserved.
お問い合わせ