矯正図書館刑事政策文献情報>バックナンバー


過去の文献情報

1月,  12月,  11月

最新号分はこちら

2018年1月

▽法律のひろば71-1

〈特集 更生を支援する地域のネットワーク―平成29年版犯罪白書を読む〉平成29年版犯罪白書を読んで―ルーティン部分に関して……吉開多一,平成29年版犯罪白書を読んで―特集部分に関して……平山真理,平成29年版犯罪白書から見た犯罪情勢と刑事政策の課題……髙宮英輔,更生支援に対する国民の意識と地域の好事例―平成29年版犯罪白書特集から……高橋哲,地域における矯正施設の在り方とは……山本宏一,地方公共団体との連携と更生保護サポートセンターの設置について……小林淳雄

▽罪と罰55-1

・〈巻頭言〉更生を支援する地域のネットワーク……佐久間達哉
〈論説 平成29年版犯罪白書〉平成29年版犯罪白書を読んで……辰野文理,最近の犯罪動向と犯罪者の処遇―平成29年版犯罪白書から……粟田知穂,更生支援に対する国民の理解と協力―平成29年版犯罪白書特集を参考に……谷真如
・〈刑事政策時評〉第3回世界保護観察会議に出席して……藤本哲也
・〈海外の刑事政策のいま〉ASEAN諸国の社会内処遇について……明石史子
・〈司法と福祉の架け橋〉触法障害者の地域生活支援―窃盗犯への更生支援を中心に……生島浩
・〈刑事政策研究室〉フランスにおける治療を理由とする刑の執行停止制度の改革……安田恵美
・〈刑事政策の現場から〉徳島における児童虐待事案への取組……齋藤隆博
・〈入門講座〉被害者支援の国際スタンダードと日本の現状……諸澤英道
・アジ研及び国際協力部の国際法務総合センターへの移転について……野原一郎

▽季刊刑事弁護93

・少年法の年齢引下げの歴史的水脈……斉藤豊治

▽更生保護68-12

〈特集 世界保護観察会議〉第3回世界保護観察会議の開催結果報告……第3回世界保護観察会議準備プロジェクトチーム,第3回世界保護観察会議における基調講演……第3回世界保護観察会議準備プロジェクトチーム(基調講演班),世界の保護観察の動向……角田亮,日本初「保護司制度」の世界への拡がり……箕浦聡,第3回世界保護観察会議に参加して……田中公夫,(現場からのレポート)第3回世界保護観察会議に参加した保護司から……飯野きみ子/小西健之,第2回アジア保護司会議の開催について……小林聖仁/明石史子,国連アジア極東犯罪防止研修所の第167回国際研修に参加して……酒谷徳二
・〈図書紹介〉『ばっちゃん―子どもたちの居場所。広島のマザーテレサ』伊集院要著,扶桑社……山田憲児,『ケースから読み解く 少年事件―実務の技』河原俊也編著,青林書院……今福章二

▽更生保護69-1

・これからの更生保護……中川利幸
・刑務所出所者等就労奨励金支給制度……法務省保護局更生保護振興課社会復帰支援室
・初心忘るべからず―更生保護における犯罪被害者等施策10年のあゆみ……西﨑勝則
・『平成29年版犯罪白書』の概要と地域活動の意義……上岡靖之/谷真如
・「君の笑顔に会いたくて」製作への決意……鳥居明夫
・更生保護とソーシャルワークの連携深化を目指して……日本ソーシャルワーク教育学校連盟
・〈現場からのレポート〉沼田町就業支援センターの10年……青木出,東日本大震災7年目の更生保護の現状等……鈴木正市
・〈図書紹介〉『「意思」を磨く 仏教慈徳学園花輪次郎の生涯―非行が能力に変わる』仏教慈徳学園後援会……編集部

▽青少年問題669

・平成二九年の青少年問題……山本功
・〈自著を語る〉『シリーズ刑事司法を考える 第六巻 犯罪をどう防ぐか』2017年,岩波書店……浜井浩一

▽月刊生徒指導48-1,2

・〈非行・問題行動と初期支援〉(第16回)連携による支援を考える―保護者との連携,(第17回)連携による支援を考える―関係機関との連携……石橋昭良
・〈生徒指導事件史〉(第22回)安全問題(1)通学路での事故・事件,(第23回)安全問題(2)監禁・略取・誘拐・拉致……嶋﨑政男

▽法と心理17-1

〈法と心理学会第17回大会 ワークショップ〉窃盗の矯正における法と心理……(企画)吉井匡/大久保智生,(報告)高橋護/生島浩/大久保智生,(指定討論・話題提供)藤野京子/髙田沙織,Law and Human Behavior にみる近年の法と心理学研究の動向……荒川歩/滑田明暢/綿村英一郎/若林英輔/笹倉香奈/福島由衣
・厳罰傾向と“非合理な”思考……向井智哉/三枝高大/小塩真司
・〈関連学会報告〉日本犯罪心理学会……入山茂

▽臨床心理学103

〈特集 もっと知りたいあなたのための認知行動療法ガイド〉性犯罪へのCBT……嶋田洋徳/野村和孝

▽こころの科学197

・〈BOOKS ほんとの対話〉松本俊彦,古藤吾郎,上岡陽江(編著)『ハームリダクションとは何か 薬物問題に対する,あるひとつの社会的選択』中外医学社……信田さよ子

▽精神科治療学32-11

〈特集 薬物依存症に対する最近のアプローチ〉特集にあたって……松本俊彦,専門医でなくてもできる薬物依存症治療―アディクションの対義語としてのコネクション……松本俊彦,精神科救急でもできる薬物乱用・依存への介入―相模原事件を受けて……成瀬暢也,知っておいてほしい精神保健福祉センターの可能性と課題……近藤あゆみほか,知っておいてほしい民間支援団体の可能性と課題……嶋根卓也,Voice Bridges Project―薬物依存症地域支援のための「おせっかい」な電話による「声」の架け橋プロジェクト……熊倉陽介ほか,インターネットを活用した薬物使用者支援プログラム―日本における可能性と課題……高野歩,薬物使用者と医師―診療する義務と通報する義務……樽井正義,日本における薬物政策の課題―海外との比較……丸山泰弘,薬物依存症支援とハームリダクション―犯罪から健康問題へ……古藤吾郎,規制強化は「危険ドラッグ」関連障害患者をどう変えたか……谷渕由布子/松本俊彦,ポスト「危険ドラッグ」は何か……舩田正彦ほか,薬物事件とメディア報道の課題……田中紀子

▽法学政治学論究115

・更生保護施設による薬物依存に対する処遇の在り方―条件付起訴猶予制度を活用した取組の提言……朴珠熙

▽法律論叢90-2・3合併号

・国際的視野からみた日本の刑務所―韓国,オーストラリアおよびアメリカの実際から……菊田幸一

▽名古屋大学法政論集247,275

「民営化」に対する憲法的統制に向けての理論的考察(1)(2・完)―アメリカにおける学説動向を手がかりに……小牧亮也

▽同志社法学394

・中国における交通犯罪の状況及び司法実務の新動向……黎宏

法政研究84-3(土井教授退職記念論文集)

フランスにおける死刑廃止への道程―Philippe MAURICE事件を素材として ……井上宜裕
必要的仮釈放制度の刑事政策史上の一断面―法制審議会刑事法部会特別委員会および小委員会の議論を素材に……武内謙治
行刑における平等の観点……大谷彬矩
レイモン・サレイユにおける「刑の個別化」の思惟……相澤育郎
「犯罪行為者の社会復帰支援」から「人が『生きる』を支える」のために―障害者権利条約における人権概念と人権価値の転換による示唆……森久智江

<TOP>

2017年12月

▽法律時報89-13

〈特集 学界回顧2017〉刑事政策……武内謙治

▽法律のひろば70-12

・平成29年版犯罪白書のあらまし……髙宮英輔

▽法曹時報69-11

・組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律等の一部を改正する法律について……隄良行/檞清隆
・刑法の一部を改正する法律について……松田哲也/今井將人
・矯正の現状……法務省矯正局

▽法曹時報69-12

・平成28年の検察事務の概況……法務省刑事局

▽研修834

・〈法の焦点〉組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律等の一部を改正する法律について(条約編)……山内由光
・〈紹介と解説〉平成29年版犯罪白書のあらまし―更生を支援する地域のネットワーク……池田暁子

▽刑事法ジャーナル54

・〈巻頭言〉第6回日中刑事法シンポジウム……佐伯仁志
〈特集 刑罰論の現代的意義〉刑罰論の現状と課題……髙橋直哉,応報刑論のルネサンスの射程とその課題……飯島暢,相対的応報刑論という二元論……瀧川裕英,刑の一部執行猶予の現状と相対的応報刑論……小池信太郎
〈特集 犯罪被害者保護の最新動向〉性犯罪における被害者保護……池田公博,刑事手続における犯罪被害者等及び証人の保護……隅田陽介,犯罪被害給付制度の課題と見直しの方向性……小堀龍一郎
・〈刑事立法の動き〉「組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律等の一部を改正する法律」の概要……猪股正貴
・〈外国刑事法務事情〉英国刑事法務事情(52)―LII 2017年6月~8月の主要動向……清野憲一

▽犯罪社会学研究42

〈課題研究 脳科学と少年司法〉はしがき―脳科学・神経科学の進歩と米国少年司法の変容,そしてわが国への影響……山口直也,脳科学・神経科学と少年非行……友田明美,脳科学化する社会と少年観……赤羽由起夫,脳科学・神経科学と少年の刑事責任……本庄武,脳科学・神経科学と適正手続保障―米国連邦最高裁J.D.B. v. North Carolina判決の検討を中心に……山口直也,脳科学・神経科学の進歩と少年司法……上野正雄
・非行からの立ち直り(デジスタンス)に関する要因の考察―少年院出院者に対する質問紙調査に基づいて……只野智弘ほか
・死刑制度合憲判決の「時代と環境」―1948年の「残虐」観……櫻井悟史
・日本における若年女性のストーキング被害―被害者・加害者の関係と親密な関係者間暴力に注目して……島田貴仁
・物質使用障害に対する条件反射制御法の効果に関する統計的検証……生駒貴弘ほか
・更生保護施設生活者のスティグマと「立ち直り」―スティグマ対処行動に関する語りに着目して……都島梨紗
・〈犯罪研究動向〉電子監視―「今まで」と「これから」……甘利航司
・〈犯罪研究動向〉女性の暴力被害に関する調査―主に『女性の日常生活の安全に関する調査』の実施を通じて……津島昌寛/我藤諭/浜井浩一
・〈書評〉『高齢犯罪者の権利保障と社会復帰』安田恵美著/法律文化社・2017年……古川隆司,『触法精神障害者をめぐる実証的考察―責任主体としての家族』深谷裕著/日本評論社・2015年

▽捜査研究803

・「組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律等の一部を改正する法律」について……奥村寿行
・被害者の心情に配意した性犯罪捜査の推進について……山本昭弘

▽JCCD116

〈シンポジウム ストーキングの予防と対策〉「ストーカー規制法」の概要について……綿貫由実子,ストーカー対策の制度設計―児童福祉法及びDV防止法との比較を踏まえて……鈴木秀洋,ストーカー被害に遭うということ……中島幸子,アメリカ合衆国におけるストーカーの現状と課題……鮎田実

▽更生保護68-11

〈特集 再犯防止〉今後の地方公共団体との連携の在り方……石川祐介,再犯防止に、支援を要する人を地域につなぐ……岩田輝雄/小尾康男,更生保護と地方公共団体が連携した兵庫県の取組……吉田宗玄/伊達泰裕,再犯防止推進計画の策定に向けた取組―再犯の防止等の推進に関する法律の施行を受けて……中島祐司,再犯防止時代の地域福祉援助……掛川直之,(北から南から―更生保護施設紹介)しらふじにおける息の長い支援……矢野喜郎,(現場からのレポート)刑余者の社会復帰支援居酒屋の2年半……玄秀盛,明石市における更生支援の取組……歳森薫夫,「諏訪地区更生保護関連機関連絡協議会」と「非行・犯罪相談」事業……宮野孝樹,学生BBS会員による学習支援……宮内利正,薬物処遇の充実に向けた地域との連携……佐々木生男,「青少年の働く場所・居場所づくりについて-シンポジウム-」を開催……池田正孝
・〈就労支援と協力雇用主〉就労環境を整えて働く人の意欲を導き出そう……髙野幸秀

早稲田大学社会安全政策研究所紀要9

女性窃盗犯再犯防止プロジェクト:「リ・コネクト」プログラムの概要……藤野京子
触法障害者の地域生活支援―窃盗更生支援プログラムを中心に……生島浩
〈実践報告〉刑事事件における社会復帰支援について……小林良子
〈実践報告〉保護司活動の「過去・現在・展望―更生保護と向き合った38年(昭和53年9月1日~平成28年8月31日)……坂本悠紀子
〈実践報告〉少年院の現状と課題―少年院法の改正を受けて……鷲野薫
〈資料〉「テロリズム定義」に関する国内法および国際法の動向……皆川誠

明治学院大学社会学・社会福祉学研究145

触法認知症高齢者の支援をめぐる研究課題―先行研究から明らかになったこと……山中俊克
ソーシャルワーク・スーパービジョンの定着可能性に関する研究―社会復帰調整官の取り組みからの一考察……田村綾子

▽中央学院大学法学論叢31-1

・国内における外国人犯罪と法的課題―多文化共生社会実現に向けた意識調査からの考察……大重史朗

▽獨協法学103

・ノルウェーの犯罪被害者庁及び回収庁の現在(いま)……齋藤実

▽名城法学67-1

・塀の中の世界……平田紳
・少年法適用年齢の引下げ批判……丸山雅夫

▽名城法学67-2

・上州小舞木村郡蔵の寄場入り―幕府人足寄場の機能に着目して……高塩博

▽南山法学41-1

・精神障害が疑われる犯罪少年の法的扱い―犯罪少年の責任要件と鑑定を中心として……丸山雅夫
・ベルギー刑法改正の動向―刑法改正草案第1編の検討(1)……末道康之

関西大学法学論集67-3

オセアニアにおける死刑……永田憲史

▽法政研究(九州大学)84-2

・「行刑の社会化」論の再検討―代替概念としての「同化原則」の可能性……大谷彬矩

▽九州国際大学法学論集23-1・2・3(合併号)

・未決拘禁者や受刑者に対する国の安全配慮義務について……山田創一

<TOP>

2017年11月

▽法律のひろば70-11

・〈ひろば時論〉立ち直りを支える保護司に対する支援……(保)
〈特集 性犯罪対策の歩みと展望〉性犯罪に対処するための刑法改正について……橋爪隆,警察における性犯罪に係る取組について……山本昭弘/砂田武俊,性犯罪・性暴力被害者のためのワンストップ支援センターの現状と課題……内閣府男女共同参画局推進課暴力対策推進室,弁護士の立場からみる性犯罪被害者支援の実務と課題……上谷さくら,性犯罪・性暴力に直面した被害者心理…齋藤梓,性犯罪防止のための加害者介入アプローチ―SPIRiTSの開発……安藤久美子/照本麦子

▽罪と罰54-4

・刑事政策研究会の役割……小津博司
・〈巻頭言〉国際犯罪対策と刑事立法―テロ等準備罪処罰法の成立に関連して……林眞琴
〈論説 刑事司法と心理学〉刑事司法と心理学―心理学的知見の予防的使用と司法面接……仲真紀子,犯罪捜査における心理学―取調べに関する心理学的知見……和智妙子,刑事司法と心理学―よりリアルなフィクションを求めて……綿村英一郎,少年審判における心理学等の専門的知見の活用……甲斐美恵,矯正における心理学の活用……國吉真弥,更生保護と心理学……角田亮
・〈海外の刑事政策のいま〉米国における在外研究体験記……下野真弓
・「超」高齢社会における刑事政策―高齢者犯罪の統計から,刑事司法の標準モデルの再構築を考える……石井隆
・〈刑事政策研究室〉被疑者取調べと「法と心理学」―規範論による適正化と経験論による高度化……安部祥太
・〈刑事実務の現場から〉女子刑務所のいま……吉弘基成
・〈入門講座〉犯罪被害者……柴田守

▽法曹時報69-10

・更生保護の現状―平成27年度,28年度の統計を中心として……法務省保護局

▽更生保護68-10

〈特集 長期に及ぶ保護観察〉長期間の保護観察の実施に当たって……渡邉一仁,熊本刑務所における長期受刑者処遇の実情等……油布宏平,長く険しい道の先に―無期刑仮釈放者を担当する際の留意事項……法務省保護局恩赦管理官室,(現場からのレポート)17歳の少女との出会いから……笹田公烈,長期刑の保護観察対象者と歳を重ねて……川杉英治,長期に及ぶ保護観察を担当して……I・N,長期に及び保護観察―実践報告……田中悟,長期に及ぶ保護観察対象者を保護司が複数で担当して……山形保護観察所/T・R/A・T,マンネリ化を防ぐ方策―無期刑保護観察対象者の事例から……増井久輝
・〈恩赦への道〉誰から見ても「更生した」と言われるまで……小濵真世
・〈RELAYサポセン〉更生保護サポートセンター香南(高知)……北川俊一

▽論究ジュリスト23

〈特集 刑事立法の最新動向―組織的犯罪処罰法・性犯罪に関する刑法改正〉組織的犯罪処罰法等改正法の概要……加藤俊治,組織的犯罪処罰法の改正とその意義―条約による国内刑法の発展……今井猛嘉,組織的犯罪処罰法改正の問題点……松宮孝明,性犯罪の罰則整備に関する刑法改正の概要……田野尻猛,性犯罪法の改正―改正の意義と課題……角田由紀子

▽警察学論集70-10

・組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律等の一部を改正する法律について……隄良行
・刑法の一部を改正する法律について……岡田志乃布

▽警察学論集70-11

・性犯罪の重罰化等に係る刑法の一部改正と警察の対応について……山本昭弘
・防犯カメラ・ドライブレコーダー等による撮影の許容性と犯罪捜査・刑事司法における適法性の判断……星周一郎

▽捜査研究802

・「刑法の一部を改正する法律」の概要について……堀田さつき

▽司法法制部季報146

〈特集 平成28年法務統計の焦点〉II検察……刑事統計係,III矯正……成人矯正統計係/少年矯正統計係,IV保護……保護統計係

▽判例時報2338,2342

・〈国際刑法の窓〉(11)国越犯罪と国越刑法,(12)国越刑法の誕生……森下忠

▽研修832

・少年犯罪の急激な減少と刑事政策……前田雅英
・〈法の焦点〉組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律等の一部を改正する法律について(改正の概要)……檞清隆

▽レファレンス801

・我が国における少年司法制度の現状と少年法適用年齢の引下げに関する課題……大嵜康弘

▽ケース研究330

・少年法制の展望―成人年齢・他機関連携を中心として……廣瀬健二
・〈実務ノート〉鹿児島の補導委託―短期間の身柄付き補導委託の取組を中心に……鹿児島家庭裁判所少年係調査官室

▽月刊生徒指導47-12

・〈教育と法の狭間で〉(第80回)試験観察とは何か……梅澤秀監/黒岩哲彦

▽月刊生徒指導47-12,13

・〈生徒指導事件史〉(第20回)(第21回)少年非行(3)(4)……嶋﨑政男

▽青少年問題668

・韓国の青少年問題の実状……崔鍾植
・〈現場から見た青少年問題〉(45)少年審判と被害者……岡本潤子
・〈自著を語る〉『写真でわかる世界の防犯―遺跡・デザイン・まちづくり』小学館……小宮信夫,『証拠に基づく少年司法制度構築のための手引き』(日本比較法研究所翻訳叢書78)中央大学出版部……中野目善則

▽犯罪学雑誌83-5

・〈資料〉P-Fスタディに対する非行児の言語対応―テキストマイニングによる解析の試み……緒方康介

▽臨床心理学102

〈特集 犯罪・非行臨床を学ぼう〉(川島ゆか編)
1 犯罪・非行を理解する 罪と人に相対する……村瀬嘉代子,罪と償いを生きるということ……青島多津子,「異境」の臨床―矯正施設と心理臨床……川島ゆか
2 犯罪・非行を研究する 少年法の現在地……廣瀬健二,犯罪は増えているのか減っているのか―犯罪・非行の現状……高橋哲,医療観察法の医療―刑事司法から一般精神医療への流れをつくり対象者と社会をつなぐ……岡田幸之/河野稔明/安藤久美子,RNRモデル―再犯防止や社会復帰支援を効果的に推進するための方法論……寺村堅志,犯罪・非行と効果検証……山本麻奈
3 犯罪・非行臨床を学ぼう
(1)犯罪・非行臨床を実践する:
子どもを支えながらどのように話を聴き取るか―司法面接……仲真紀子,裁判員に犯罪をどう身近に感じてもらうか―犯罪心理鑑定……橋本和明,再犯・再非行を抑止するために何ができるか―リスクアセスメント……東山哲也,矯正施設における動機づけ面接法……外川江美,「あのときは運が悪かった」と言う性加害者を叱責すべきか―認知行動療法……嶋田洋徳,加害の背後にある「傷」をどう扱うか?……藤岡淳子,「苦労の主人公」になるために何ができるか―精神障害・当事者研究……高橋昇,高齢受刑者への支援……野村俊明,刑事施設においてグループの力をどう活用するか―グループワーク……今村洋子,
(2)犯罪・非行臨床を社会で実践する:貧困と暴力の家庭にいる少年を社会でどう支えるか―多機関・多職種連携……鈴木晶子,悪を経験した少年を水際でどう支えるか―少年鑑別所の地域援助業務……國吉哉子,司法機関から地域の支援資源にどうつなげるべきか……松本俊彦,「その後の人生」をどう支えるか―罪を犯した人への生活支援……大塲玲子,「外の不自由」を中間たちと支え合う―女性薬物依存症者の当事者研究……上岡陽江/五十公野理恵子
・〈書評〉藤岡淳子著『非行・犯罪の心理臨床』日本評論社・2017年3月刊……伊藤絵美

<TOP>

ホームへ 前のページへ


Copyright (C) 2003-2018 Japanese Correctional Association Library, All rights reserved.
<お問い合わせ>