矯正図書館刑事政策文献情報>バックナンバー


過去の文献情報

6月,  5月,  4月

最新号分はこちら

2018年6月

▽更生保護69-6

〈特集 立ち直りの要因〉立ち直りの要因―2つの考察……川邉讓/小長井賀與,人は変われる―やり直しができる社会へ……中村すえこ,保護観察のケースの見立てについて……勝田聡,新しい生き方への転換……栗坪千明,人はなぜ犯罪をやめるのか―暴力団離脱研究で得られた知見を参考に……廣末登,あなたは誰を思い浮かべますか?……野田詠,更生保護と「楽しさ」……山崎亮,(現場からのレポート)服役中からの仕事探し……山口良通,2つの事例から……西川正和
・〈RELAYサポセン〉更生保護サポートセンターつやま……岡山津山地区保護司会
・〈社会貢献活動紹介〉(36)社会貢献活動のもたらすもの……小笠原哲子
・〈就労支援と協力雇用主〉就職まつりを開催して……許敬子

▽犯罪と刑罰27

〈特集 自由刑の一本化とそのあり方〉行刑・処遇における矯正と強制……中村悠人,「再犯防止」と「自由刑の単一化」……森久智江,自由刑の単一化と薬物事犯……丸山泰弘,保護処分の法的性質―刑罰および保安処分との比較……斉藤豊治

▽警察学論集71-6

〈警察政策フォーラム 薬物犯罪の現状と課題―再犯防止及び大麻の拡散防止を中心に〉(基調講演)薬物犯罪者の刑事手続と早期処遇……太田達也,(特別講演)薬物依存の危険性―大麻を中心に……川畑俊貴,(講演(1))薬物依存症は病気です……横川江美子,(講演(2))刑事施設における薬物事犯者の処遇……齋藤行博,(講演(3))薬物犯罪の現状及び今後の課題……櫻井美香,パネルディスカッション(討論)概要

▽捜査研究809

・高齢者犯罪の現状と対策(下)……村木一郎

▽家庭の法と裁判14

〈特集 現代型非行の処遇―特殊詐欺を素材として〉座談会……松原里美(司会)/加藤学/河畑勇/小島務/本多進/安重育巧美,特殊詐欺に関与した少年院在院者に対する矯正教育の充実について―新潟少年学院における特殊詐欺再非行防止指導の取組状況を通して……土屋亮,特殊詐欺事件にかかる保護観察処遇について―保護観察所での工夫例とその実践……沖﨑佳奈恵,特殊詐欺事件における少年の特殊性について―要保護性の判断について……西田俊男
・〈外国少年司法事情〉(8)北欧(7)スウェーデンの少年保護法制―LVU法(その2)……廣瀬健二
・〈更生保護の現場から〉(第9回)再非行防止サポートセンター愛知の活動……高坂朝人
・〈少年友の会の現場から〉少年の意見表明を援助する付添人活動……群馬少年友の会,設立10年を迎え思うこと……石川家庭・少年友の会
・家庭裁判所事件の概況(2・完)―少年事件……最高裁判所事務総局家庭局

▽家裁調査官研究紀要24

・少年の在宅事件において適切に心理テストを活用する調査の在り方……山内陽子ほか

▽家裁調査官研究紀要25

・子どもの虐待……西澤哲

▽臨床心理学105

〈特集 治療構造論再考〉家庭裁判所の治療構造……町田隆司

▽精神医療90

〈特集 少年法改悪に反対する〉(巻頭言)少年は守られなければならない……木村一優,(鼎談)少年法適用年齢引下げをめぐって……川村百合/芹沢俊介/高岡健(司会),成年年齢引き下げと少年司法……岩本朗,児童精神医学の観点から「18歳問題」を考える……富田拓,少年刑法犯の動向と少年法の改正論議―少年法の改正はいま必要なのか?……土井隆義,少年法適用年齢引き下げに関する一考察……山田麻紗子,少年法適用年齢について考える―精神鑑定の経験から……木村一優,少年法適用年齢をめぐる法的・刑事政策的問題……武内謙治

▽矯正医学66-2

・少年鑑別所における素行障害入所少年の生育環境と認知行動特性―非行内容,性別,少年審判結果との関係……三浦英樹/渕上康幸

▽役割交換書簡法・ロールレタリング研究1

・性暴力事犯教育プログラムにおけるロールレタリング技法の適用可能性に関する研究……朴順龍

▽社会福祉研究131

〈特集 罪を犯した人への福祉支援を考える―地域でいかに支えるか〉(総論)罪を犯した人の地域社会への再統合―司法と福祉の連携の課題と展望……小長井賀與,社会福祉と刑事司法との連携―見えてきた課題と今後の展望……生島浩,(各論)刑務所内の福祉支援の現状と課題……松永美弥,地域生活定着支援センターにおける司法と福祉をつなぐ実践の現状と課題……赤平守,罪を犯した人の地域生活を支えるためのソーシャルワーカーの役割と機能―東京社会福祉会・刑事司法ソーシャルワーカーの取り組みを通じて……小林良子,生活困窮者自立支援制度における出所者支援の現状と課題……小畑孝仁

▽東京社会福祉史研究12

・社会事業成立過程における〈教育的なもの〉の諸相―雑誌『社会事業』にみる感化の行方……野口友紀子
・資料紹介/『新小説』にみる明治後半期東京の社会施設探訪記(下)……長沼友兄

法学研究(慶應義塾大学)91-3

刑の『裏』一部執行猶予―全部執行猶予の一部取消制度試論……太田達也

▽法学政治学論究116

・台湾における没収制度の改革―新法の検討を中心に……呉柏蒼

▽中央ロー・ジャーナル14-4

・生命の法的保護の矛盾撞着(1)―死刑の正当化事由をめぐって……長井圓

▽大学院研究年報:法学研究科篇(中央大学)47

・我が国における高齢者犯罪の特異性について―米国における高齢者犯罪研究からの一考察……川上麻由
・犯罪からの離脱のメカニズム―更生保護の理論的基盤を求めて……山梨光貴

立教法学97

措置入院制度の問題点について……山本輝之
イギリスにおける犯罪を行った精神障害者への治療優先主義の変化―Vowles判決を契機として……柑本美和

立教法務研究11

スウェーデンの少年保護法制―若年者保護特別法を中心として……廣瀬健二/十河隼人

静岡大学法政研究22-2

メリーランド州における少年事件の自動的移送制度について(一)……津田雅也

▽法学論叢182-1・2・3

・精神の障害が一定の影響を及ぼした事案における量刑判断のあり方に関する序論的考察……安田拓人

▽同志社法学397

・韓国の交通犯罪……呉貞勇

立命館法政論集16

社会関係ニーズを抱えた刑務所出所者等の就労支援のあり方について―いわゆる「ひきこもり」による犯罪・非行に関して……酒泉郁

▽阪大法学68-1

・韓国性犯罪規定の概説及び日本との比較……金ジャンディ

▽島大法学61-3・4

イギリス青少年司法における付託命令:修復的司法と社会資源の活用……三宅孝之

法政研究84-4

ドイツ行刑における社会との同化原則の意義……大谷彬矩
〈資料〉再犯防止及び刑の個別化に関する法案第一四一三号……井上宜裕(訳)
〈資料〉行刑局による終身刑及びその他の長期刑受刑者のマネジメント―2003年10月9日の欧州評議会閣僚委員会の勧告第23号……九州刑事政策研究会(訳)
〈資料〉一八九三年フランス刑法典改正委員会草案……フランス刑事立法研究会(訳)

九大法学116

問題解決型刑事司法の課題と展望―歴史的・訴訟法的観点からの一考察(3)……石田侑矢

<TOP>

2018年5月

▽法律のひろば71-5

・〈ひろば時論〉国際法務総合センターの取組……(矯)

▽教誨52

・〈基調講演〉矯正の現状……富山聡
・〈記念講演〉薬物にかかわった人の心の悩み……五十畑修
・〈講演〉川越少年刑務所における薬物事犯者への指導について……木崎道啓

▽刑法雑誌57-2

・刑罰論の現代的課題……中村悠人
・刑事司法における薬物依存治療プログラムの意義―回復する権利と義務……丸山泰弘

▽捜査研究807,808

・刑務所等における医療の現状について(上),(下)……西岡慎介

▽捜査研究808

・高齢者犯罪の現状と対策(上)……村木一郎

▽警察学論集71-3

・認知症と犯罪について……袖長光知穂

▽警察学論集71-3,4

・〈特別座談会〉東京2020のセキュリティを考える(上),(下)―東京オリンピック・パラリンピックに向けての取組みと課題……今井勝典ほか

▽警察学論集71-5

・〈政府における再犯防止対策〉政府における再犯防止対策の経緯及び再犯防止推進計画の概要……関口新太郎,再犯防止推進計画における警察の取組について……丸山潤

▽更生保護69-4

〈特集 孤立〉孤立からつながりへ―更生保護施設盟親の取組……北村千裕,社会的孤立を防ぐには―介護殺人の事例から考える……湯原悦子,地域の絆で孤立を支える―豊中市社会福祉協議会の取組から……勝部麗子,(現場からのレポート)東京都若者総合相談センター「若ナビα」の取組……東京都青少年・治安対策本部総合対策部青少年課若年者対策担当,孤立しがちな保護観察対象者への支援……今井義政,簡易宿泊所で暮らす保護観察対象者を日々支える保護司を訪ねて……編集部,就労で居場所をつくる……塩井隆夫,未来に向かって……宮﨑雅敏,(社会貢献活動紹介)(35)孤立を防ぐ社会貢献活動の取組……山鹿昇,(RELAYサポセン)つなぎ支援を担って……佐藤喜代枝,(北から南から~更生保護施設紹介)心休まる居場所(山梨以徳会)……樋泉益次郎
・少年たちが保護司さんに望むこと……前田ケイ

▽法律時報90-4

〈特集 年長少年を含む犯罪者処遇と刑事法〉少年法改正の歴史と年齢引下げ……守谷克彦,犯罪者処遇と刑事実体法……浅田和茂,年長少年の成長発達権保障としての少年法……須納瀬学,検察官による訴追段階のダイバージョンにおける賦課・遵守事項と福祉的措置―ドイツ語圏4ヶ国との比較法的観点から……黒澤睦,起訴猶予等に伴う再犯防止措置の在り方……吉開多一,自由刑の単一化……本庄武,施設内処遇の在り方……武内謙治,社会内処遇の在り方をめぐる議論について……正木祐史

▽月刊生徒指導48-5,7

・〈生徒指導事件史〉(第26回)家庭問題(1)家庭内暴力,(第27回)家庭問題(2)児童虐待……嶋﨑政男

▽季刊刑事弁護94

・〈法律家のための犯罪学入門〉(第33回)犯罪生物学の過去・現在・未来―脳・遺伝と犯罪……浜井浩一

▽こころの科学199

〈特別企画 治療のための司法精神医学(五十嵐禎人編) 〉司法精神医学における治療・支援の意義……五十嵐禎人,刑事司法と精神科医療のインターフェイスに関する法律と制度……平田豊明,医療観察法医療の現状と今後の課題・展望……竹田康二/平洋,触法精神障がい者の入院治療……菊池安希子,医療観察法における地域(通院)処遇の現状と課題……三澤孝夫,(犯罪加害者の支援)集団認知行動療法はいかにして性犯罪加害者の再犯を防止するのか……朝比奈牧子,少年犯罪の現状と加害少年への支援……桝屋二郎,家族における暴力加害者へのアプローチ―DV・虐待・高齢者虐待……信田さよ子,(犯罪加害者の治療)物質使用障害・依存症……梅野充,反社会性パーソナリティ障害……林直樹,発達障害・知的障害の治療―性犯罪者治療プログラムの実践をふまえて……安藤久美子,(矯正施設での取り組み)矯正施設における精神医療……奥村雄介,受刑者のメンタルヘルスと再犯予防……東本愛香/富澤智史

▽司法精神医学13-1

(第13回日本司法精神医学会大会) ・(会長講演)医療観察法開始までの経過と今後の課題―附属池田小学校事件を振り返って……籠本孝雄・(教育講演)裁判員裁判のもとでの責任能力判断および精神鑑定のあり方……安田拓人
〈シンポジウムI わが国の触法精神障害者処遇再考―矯正医療の視点から〉英米における触法精神障害者処遇制度―矯正医療の視点から……柑本美和,ドイツにおける限定責任能力者の処遇……山中友理,わが国における触法精神障害者処遇の歴史と特徴……五十嵐禎人,司法精神医学「最後の宿題」―矯正施設における精神障害者の治療……黒田治
〈シンポジウムII 矯正施設における精神科医療〉矯正施設における摂食障害とその治療……瀧井正人,発達障害・知的障害をもった非行少年の実態と支援―医療・教育・福祉領域への提言……宮口幸治,矯正での医療……馬場一彰,26条(矯正施設の長の)通報について……小山田静枝,矯正施設を出所する障碍者(精神)の地域生活支援……神田勇喜,(指定発言)少年矯正医療の現状と課題……井口英子

▽矯正講座(龍谷大学)37

・「矯正・保護課程」開設40年のあゆみ……井上善幸
・〈開設40周年記念講演会〉共生社会を創る……村木厚子
・〈卒寿記念インタビュー〉龍谷大学矯正・保護課程に関わる人々へ(後編)……板東知之/(聞き手)菱田律子
・「少年院運営改善」を振り返って……菱田律子
・矯正の現状と課題……手塚文哉
・更生保護の現状と課題―地方更生保護委員会委員から見た仮釈放についての一考察……久保貴
〈特集 刑事施設医療を考えるために〉はしがき……赤池一将,刑事施設独自の医療から社会共通的な医療へ―イングランド刑事施設医療の保健省移管をめぐって……三島聡,オーストラリア・ニューサウスウェールズ州(NSW)における矯正医療の現状と日本への示唆……森久智江,ドイツの刑務所医療事情……金尚均,福祉につなぐための刑事施設医療のあり方……前田忠弘/魁生由美子,刑務所の公衆衛生―被収容者の健康課題把握と戦略形成……松田亮三,刑事施設における医療情報へのアクセスと被収容者の権利……岡田悦典
・〈矯正施設参観記〉2017年度「矯正・保護課程」共同研究・施設参観報告(北海少年院/紫明女子学院/旭川保護会・旭川清和荘/旭川刑務所/北海道家庭学校/網走刑務所)……井上善幸ほか

▽龍谷-キャンベルシリーズ:キャンベル共同計画 介入・政策評価系統的レビュー12

・少年の公的システムによる措置:非行への効果……Anthony Petrosino ほか/岡邊健(訳)
・街路レベル薬物法執行:メタ分析のレビュー……Lorraine Mazerolle ほか/島田貴仁(訳)

▽龍谷法学50-3

〈特集 ハーム・リダクションとは何か?~多様なアディクションからの回復を求めて〉はじめに……石塚伸一(監修),オランダの薬物政策―オランダの実践にみるハーム・リダクションと薬物使用者支援……徐淑子,スペインの薬物政策―「人」に焦点を当てるスペインのプロジェクト・オンブレ……近藤京子,アメリカの薬物政策―刑事司法で行う福祉―アメリカの挑戦……丸山泰弘,処罰でなく支援を―薬物使用をめぐる国際的動向から学ぶ……古藤吾郎,問われるアディクション―アディクション概念の再考……西村直之,アディクション(依存)は孤独の病……加藤武士
・〈資料〉調査報告:薬物依存症回復支援者研修(DARS)セミナー・イン・タイ……石塚伸一(監修)

<TOP>

2018年4月

▽罪と罰55-2

・〈巻頭言〉法務少年支援センターの活躍に期待……富山聡
〈論説 児童虐待と刑事政策〉児童虐待と刑事政策……柑本美和,児童虐待の現状・近年の児童虐待防止対策をめぐる法改正について―虐待を受けている児童等の保護についての司法関与を強化する平成29年改正法を中心に……宮腰奏子,児童虐待と児童相談所のいま……山元照明,警察における児童虐待への取組状況について……滝澤依子,児童虐待事件に対する検察の取組……高橋孝一
・〈刑事政策時評〉統計に見る施行初年の一部執行猶予制度……小池信太郎
・〈海外の刑事政策のいま〉世界における社会内処遇の現状と未来への潮流―第3回世界保護観察会議を終えて……守谷哲毅
・再犯防止推進計画について……関口新太郎
・〈刑事政策研究室〉刑事政策と治療的司法―再犯防止を目指した新たな手続モデル……暮井真絵子
・〈刑事実務の現場から〉マインドフルネス―今,この瞬間に気づいて……塩島かおり
・〈入門講座〉少年法の意義と使命……小西暁和

▽法律時報90-4

〈特集 年長少年を含む犯罪者処遇と刑事法〉少年法改正の歴史と年齢引下げ……守谷克彦,犯罪者処遇と刑事実体法……浅田和茂,年長少年の成長発達権保障としての少年法……須納瀬学,検察官における訴追段階のダイバージョンにおける賦課・遵守事項と福祉的措置―ドイツ語圏4ヶ国との比較法的観点から……黒澤睦,起訴猶予等に伴う再犯防止措置の在り方……吉開多一,自由刑の単一化……本庄武,施設内処遇の在り方……武内謙治,社会内処遇の在り方をめぐる議論について……正木祐史

▽家庭の法と裁判13

・児童虐待の現状・近年の児童虐待防止対策をめぐる法改正について―虐待を受けている児童等の保護についての司法関与を強化する平成29年改正法を中心に……谷嶋弘修
・〈外国少年司法事情〉(第7回) 北欧(6)スウェーデンの少年保護法制―LVU法(その1)……廣瀬健二
・〈少年矯正の現場から〉(第9回) 少年鑑別所における地域援助について―暴力的行為防止のワークブックの活用……岡﨑昌樹
・〈少年友の会の現場から〉連携しながらの友の会活動……栃木少年友の会 ほか

▽青少年問題670

・子ども・女性の安全対策―「安全インフラ」をつくるために……島田貴仁
〈特集 青少年のさらなる安全・安心へ―警察庁・東京都の取り組みから〉安全・安心確保に向けた東京都の取組……小田博之,子供の性被害防止プラン(児童の性的搾取等に係る対策の基本計画)について……小林宏輔,インターネット等の危険性から子供を守る取組……泉陽太,薬物乱用対策について……平井正博,特定異性接客営業等の規制に関する条例について……佐藤良一,(特集の解説)さらなる安全・安心を求めての〈研究―計画―実践〉の展開……矢島正見
・非行少年支援から若者支援への展開可能性の検討……岡部茜
・〈現場から見た青少年問題〉青少年の性被害等の防止に向けて……浦田和世
・〈青少年問題アラカルト〉(その4) 暗数の社会的機能を考える……矢島正見

▽月刊生徒指導48-3

・〈非行・問題行動と初期支援〉(第18回)非行・問題行動と発達障害……石橋昭良
・〈生徒指導事件史〉(第24回) 安全問題(3)校内侵入事件……嶋﨑政男

▽非行問題224

・児童自立支援施設における人材育成の現状と今後の展望―「同じ釜の飯を食べること」と「他人の釜の飯を食べること」……青木建
〈特集 児童自立支援施設における人材育成の現状と今後の展望〉児童自立支援専門員の人材育成について……植田浩一,児童自立支援施設における人材育成について考える……佐藤雄介
・ストックホルム国際犯罪学シンポジウム参加報告……富田拓/松浦直己/相澤仁/大原天青
・るぽ:施設見学報告―青葉女子学園公開講座に参加して感じたもの……菅原匡

▽犯罪心理学研究55-2

・男子非行少年と男子学生の共感喚起場面における感情や対処についての反応の比較……藤野京子/井上彩弥/東山哲也/向井智哉
・スクール・サポーターから見た中学校の変化のプロセスについて―学校と警察の連携による授業抜け出し,暴力の変化について……芹田卓身

▽犯罪学雑誌84-1

・〈巻頭言〉日本犯罪学会の将来的展望―総合犯罪学と統合犯罪学,国際的連携……影山任佐
・「総合犯罪学」と「統合犯罪学」(統合理論・統合人間学)の展開……影山任佐
・強盗殺人事件における犯人特徴の予測……大塚祐輔ほか

▽精神保健研究64

〈特集 リカバリーを考える―危機を乗り越え、自己実現する当事者をどう支援するか〉触法精神障がい者のリカバリー……菊池安希子,薬物依存症者のリカバリーをめぐるわが国の現状と課題……近藤あゆみ

▽更生保護69-3

〈特集 依存〉依存症は病気である。懲らしめて良くなる病気はない。…… 成瀬暢也,依存問題がある保護観察対象者への対応……生駒貴弘,薬物依存症者の「生きる」を支援する……市川岳仁,クレプトマニアの包括的地域トリートメント……斉藤章佳,地域で生きる―「リカバリハウスいちご」の取組……佐古惠利子,ギャンブル依存症からの回復……田中紀子,(現場からのレポート)アルコール依存症者の保護観察……K・T,北九州自立更生促進センターにおける薬物依存回復訓練……大森義昌,薬物事犯者のケア会議……鹿児島保護観察所薬物処遇ユニット,(北から南から―更生保護施設紹介)日新協会における依存症プログラム……上原憲太郎
・〈RELAYサポセン〉東灘区更生保護サポートセンター……和田道夫
・英国における調査研究を振り返って―若年者及び少年の社会内処遇を中心に……西原舞

▽自由と正義69-3

・あらためて問う「犯罪被害者の権利」とは―誰もが等しく充実した支援を受けられる社会へ……武内大徳

▽研修836

・〈法の焦点〉組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律等の一部を改正する法律について(補足編)……加藤俊治

▽法政理論50-3・4

・触法発達障害者の処遇と社会復帰支援について(司法と福祉の連携)……増井英紀

▽國士舘法學50

・英国の無期刑(2)……重大犯罪における行為と危険性との関係が問題になる一場面として……吉開多一
・子どもの権利条約等国際人権準則から見た少年院法と少年鑑別所法……鷲野薫

▽比較法制研究(國士舘大学)40

・近代少年法制における未成年年齢―舊刑法時代から昭和少年法制定まで……鷲野薫

▽比較法雑誌51-4

・社会的養護と犯罪予防―ソーシャルワーカーによる犯罪予防活動への貢献について……藤田尚

▽法研論集(早稲田大学大学院)165

・薬物事犯における「違法な薬物」の認識の意義……小池直希

<TOP>

ホームへ 前のページへ


Copyright (C) 2003-2018 Japanese Correctional Association Library, All rights reserved.
<お問い合わせ>