矯正図書館>刑政目次


『刑政』主要目次

刑政表紙


第129巻第6号 (通巻1513号) 平成30年6月
<目で見る矯正>
外国人受刑者等収容人員
<巻頭言>
「西郷どん」を育てた人材育成術に学ぶ(黒柳誠/福岡矯正管区)
平成三〇年度矯正運営の重点施策について(島孝一/東京矯正管区長・前矯正局総務課長)
不服申立てに関する訓令・通達の改正について(森川久浩/矯正局総務課矯正監査室矯正監査官)
司法省による監獄行政の確立(3)(堀雄/法学博士)
<刑政時評>
精神鑑定4 犯行を説明する(岡田幸之/東京医科歯科大学大学院教授)
<社会時評>
岐路に立つ法科大学院(大塚浩之/読売新聞論説副委員長)
少年鑑別所における保護観察対象者の雇用について(角掛雄一/仙台少年鑑別所専門官)
東日本成人矯正医療センター運営開始!!(東日本成人矯正医療センター)
<実務講座>
わかりやすい予算と会計のはなし(最終回)給与と諸手当(佐藤俊/札幌矯正管区第一部職員課矯正専門官・前矯正局総務課)
<施設だより>
沖縄少年院―沖縄少年院の歴史と移転
<実践レポート>
奈良少年鑑別所における「リコーダー講座」について(溝井寛)
<現場の発言>
私の健康法

<TOP>

第129巻第5号 (通巻1512号) 平成30年5月
<目で見る矯正>
平成30年度矯正予算の内訳
<巻頭言>
組織の力で(東小薗誠/大阪矯正管区長)
再犯防止推進計画について(山本宏一/矯正局総務課更生支援室長)
平成30年度矯正予算の概要(矯正局総務課人事企画係・予算係・施設係)
<刑政時評>
夜間中学と教科指導(本庄武/一橋大学大学院法学研究科教授)
<社会時評>
五輪の主役は選手たちだ(大塚浩之/読売新聞論説副委員長)
司法省による監獄行政の確立(2)(堀雄/法学博士)
矯正職員の職務意識等とストレスに関する研究について(小島富美子・白永陽子・松田美智子/矯正協会矯正研究室)
<実務講座>
わかりやすい予算と会計のはなし(第9回)公務員宿舎事務(柏崎孝行/矯正局総務課)
<施設だより>
市原学園―「さあ行け、友」(泉水利夫)
<北から南から>
大阪拘置所「新営工事フェスタ」の開催~DAIKOの今~(柳川智宏/大阪拘置所調査官)
<実践レポート>
生きづらさ克服のための一般改善指導(田村勝弘/教育専門官)
<現場の発言>
新人職員から新採用職員へ

<TOP>

第129巻第4号 (通巻1511号) 平成30年4月
<目で見る矯正>
法務省人間科学系インターンシップの参加者
<巻頭言>
保安事故の防止について改めて考える(大橋哲/法務省大臣官房審議官)
司法省による監獄行政の確立(1)(堀雄/法学博士)
第37回アジア太平洋矯正局長等会議(薊理世子/矯正局総務課補佐官)
受刑生活が知的障害及び精神障害のある受刑者へ与える影響に関する研究(足立一/播磨社会復帰促進センター作業療法士)
<刑政時評>
怪しげなやつ(小木曽綾/中央大学法科大学院教授)
<社会時評>
「だます時代」に終止符を!(坂口祐一/日本経済新聞論説委員・編集委員)
“刑務所に自然を持ち込む”―官民協働の「サステナビリティ・プリズンズ・プロジェクト」―(大塚敦子/ジャーナリスト)
米国の治療共同体における薬物依存の治療・支援~集団の力、仲間との支え合いを生かした取組~(山本宏一/矯正局総務課更生支援室長,西岡潔子/同少年矯正課企画官,岡村夏美/大臣官房秘書課法務専門官・前矯正局総務課更生支援室)
『薬物依存からの回復を考える家族のためのフォーラム』の開催を終えて(美祢社会復帰促進センター,小学館集英社プロダクション)
<実務講座>
わかりやすい予算と会計のはなし(第8回)国有財産事務(松本英史/大阪拘置所総務部用度課・前矯正局総務課)
<施設だより>
貴船原少女苑―温かき教えの園生~あきらめません最後まで~
<実践レポート>
地域援助への法務教官の関与拡大―新たな取組を通じて―旭川少年鑑別所(齋藤竜二)
<現場の発言>
『矯正職員の使命』に関連する体験談②

<TOP>

第129巻第3号 (通巻1510号) 平成30年3月
<目で見る矯正>
出所受刑者の2年以内再入率の推移
<巻頭言>
国際法務総合センターにおける地域との共生(鈴木明人/矯正研修所長)
<矯正を去るに当たって>
アセスメントほど素敵な商売はない(青木宏/名古屋少年鑑別所長)
矯正の回顧―平成29年版―(矯正局)
<刑政時評>
薬物依存との闘い~刑事司法と医療の新しい関係(小津博司/弁護士)
<社会時評>
特殊部隊SATの「実像」は?(坂口祐一/日本経済新聞論説委員・編集委員)
国連アジア極東犯罪防止研修所における矯正領域での取組(山本麻奈/国連アジア極東犯罪防止研修所教官)
無差別テロの心理分析(大渕憲一/放送大学宮城学習センター所長)
<実務講座>
わかりやすい予算と会計のはなし(第7回)「矯正施設の整備を取り巻く環境」と「工事契約事務」(佐藤洋平,加賀沢淳二/矯正局総務課)
<施設だより>
和泉学園・泉南学寮―地域に根差した施設として
<実践レポート>
非行少年の表情認知能力の特徴~対人スキル向上プログラムの開発―奈良少年院(中井光雄)
<現場の発言>
後輩の皆さんへ

<TOP>

第129巻第2号 (通巻1509号) 平成30年2月
<目で見る矯正>
矯正施設における就労支援実施状況の推移
<巻頭言>
『秋霜烈日 惻隠之情』(別府公昭/福岡矯正管区長)
<矯正を去るに当たって>
未来を担う皆様へ~感謝と期待を込めて(末信眞司/加古川学園長)
<特集・矯正施設とコミュニティメディア>
・富山刑務所における「七三〇ナイトアワー」の実施について(秋田行範/富山刑務所首席矯正処遇官)
・「けやきの散歩道」の役割(岩松真也/調布エフエム放送)
・「苗穂ラジオステーション」の取組について(村崎誠三/札幌刑務所首席矯正処遇官)
<刑政時評>
精神鑑定3 診断をする(岡田幸之/東京医科歯科大学大学院教授)
<社会時評>
「日常」を脅かす車両突入テロ(坂口祐一/日本経済新聞論説委員・編集委員)
少年の立ち直りに効果的な支援を考える~法務省式ケースアセスメントツールのデータ分析から~(八王子少年鑑別所効果検証班)
フランス共和国における矯正職員人事交流制度に参加して(石川厚志/矯正局成人矯正課)
「少年矯正調整官」という仕事(池田有里/東京矯正管区少年矯正調整官)
<実務講座>
わかりやすい予算と会計のはなし(第6回)決算及び経理事故(中井隆浩/矯正局総務課)
<施設だより>
愛知少年院―明日に生きる力を育てる少年院
<現場の発言>
『矯正職員の使命』に関連する体験談①

<TOP>

第129巻第1号 (通巻1508号) 平成30年1月
<目で見る矯正>
刑務共済組合短期給付額の推移,組合員1人当たりの短期給付における共済組合の収入及び支出額
<年頭の御挨拶>
刑は刑無きを期す(富山聡/法務省矯正局長)
<矯正を去るに当たって>
刑務官人生で感じたこと(河野満/川越少年刑務所長)
<会長を囲む座談会>
再犯防止への思いを語る~社会復帰支援の充実と成果を求めて~
<刑政時評>
暴力団離脱者への就労支援(本庄武/一橋大学大学院法学研究科教授)
<社会時評>
「七歳」「一六歳」が問う車と社会(坂口祐一/日本経済新聞論説委員・編集委員)
建国100年を迎えたフィンランドの刑事政策~「刑務所コンセプト」を中心として~(齋藤実/獨協大学法学部特任教授・弁護士)
刑事施設におけるロコモティブシンドロームへの対応(香川茂雄/かがわ総合リハビリテーション事業団ロコモティブシンドローム対策室長)
PFI施設における外部通勤作業(阿部光成/美祢社会復帰促進センター首席矯正処遇官)
<広報 海外派遣支援情報>
日中矯正関係交流のため中国訪問代表団に参加して(齋藤行博/矯正局成人矯正課企画官)
<実務講座>
わかりやすい予算と会計のはなし(第5回)刑事施設作業の経理事務(阿部諒介/矯正局総務課)
<施設だより>
喜連川少年院―開庁50周年を迎えて
<現場の発言>
施設の自慢

<TOP>

ホームへ 次のページへ


Copyright (C) 2003-2018 Japanese Correctional Association Library, All rights reserved.
<お問い合わせ>