矯正図書館刑政バックナンバー>121巻目次


『刑政』第121巻(2010年)主要目次

1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号

Vol.121 No.12 (通巻1422号) 平成22年12月
<目で見る矯正>少年院出院者の男女別引受人別構成比の推移
<巻頭言>「樺戸監獄物故者追悼式」に想う 庵前幸美
平成22年版犯罪白書から  重大事犯者の実態と処遇 寺村堅志
「子ども・若者ビジョン」~子ども・若者の成長を応援し、一人ひとりを包摂する社会を目指して 塩島かおり
平成22年の文献 櫨山  昇
<刑政時評>ドラッグ・コートと治療的法学 小林寿一
<女性職員の執務環境改善>(シリーズ45)チーム処遇ミーティングの取組状況について 豊澤恵美子
<新統括の実務研修>(第二回)
 ・研修を通じて学び、感じられたもの
 ・府中刑務所における実務研修を終えて
 ・統括矯正処遇官の役割について
 
室伏正太郎
磯田竜輔
本條和重
<実践レポート>全職員が理解できる改善指導の在り方について 石川竜則
<実務講座>個別的処遇計画の作成について 平間佳子
<処遇技法>「面接」をする・考える(3) 川邉  譲
Vol.121 No.11 (通巻1421号) 平成22年11月
<目で見る矯正>事業部作業就業人員と調定額
<巻頭言>群羊 加藤正博
地域で支える犯罪加害者とその家族~国から地方への発想の転換を 諸澤英道
犯罪加害者家族のサポート~加害者家族の抱える問題とアプローチ 高橋聡美
ヨーロッパ監獄事情の紹介者・小野田元凞(前)--警視庁時代を中心として 長沼友兄
<刑政時評>非行少年の変化/変容/更生 伊藤茂樹
<女性職員の執務環境改善>(シリーズ44)処遇困難者への対応(摂食障害)~トイレへの依存からの離脱の道のり 佐々木彩子
<実践レポート>ジェネリック医薬品の使用促進、その現状と課題(矯正施設の立場から) 野村昌弘
<処遇技法>「面接」をする・考える(2) 川邉  譲
Vol.121 No.10 (通巻1420号) 平成22年10月
<目で見る矯正>矯正施設の整備状況
<巻頭言>最後の一句 水上  要
<特集・少年の健全育成と人権>
 ・国際準則とわが国の少年矯正
 ・児童の権利条約第三回政府報告審査に出席して
 ・少年院における法務教官の職務権限と被収容少年の権利保障
 
澤登俊雄
木村  敦
澁谷伊織
第12回国連犯罪防止・刑事司法会議における「矯正施設における過剰収容に対する戦略とベストプラクティス」に関するワークショップの開催について 渡部淳一
ヨーロッパ監獄事情の紹介者・小野田元凞(前)--警視庁時代を中心として 長沼友兄
<刑政時評>福沢諭吉と法(第2回)『学問のすゝめ』は法学のすすめ?--「通義」と「有様」の狭間で 岩谷十郎
小説『監獄ベースボール  知られざる北の野球史』余話--歴史と向き合ってみえてくるもの 成田智志
<新統括の実務研修>(第1回)
 ・府中の統括力を学ぶ
 ・特大施設での勤務を通じて
 
山口  亮
細田尚徳
<刑政落穂ひろい>第六話  小塚原の仕置場を紐解く 亀川泰照
<実践レポート>貴船原少女苑における食育指導 西本絵理
<処遇技法>「面接」をする・考える(1) 川邉  譲

<TOP>

Vol.121 No.9 (通巻1419号) 平成22年9月
<目で見る矯正>法務教官採用試験申込者数等の推移
<巻頭言>「開所記念碑」に思う 渡部志郎
世論調査と刑事政策 誰に何をどう説明すればよいか 河合幹雄
近年の矯正施設の収容動向について 小板清文
少年非行の現状と対策 篠崎真佐子
刑事施設視察委員会の活動状況について 高野洋一
<刑政時評>『アルプスの少女ハイジ』と人権教育 後藤弘子
<女性職員の執務環境改善>(シリーズ43)東京矯正管区「女子刑務所改革プロジェクト」について(5) 法務省矯正局女性職員執務環境改善プロジェクト・チーム
<刑政落穂ひろい>第五話  小塚原の仕置場を紐解く 亀川泰照
<実践レポート>刑事施設におけるSSTの実際について~就労のためのSSTを通じて 相浦  浩
<実務講座>被収容者の給食について 三井圭介
Vol.121 No.8 (通巻1418号) 平成22年8月
<目で見る矯正>世界の刑務所人口
<巻頭言>矯正職員の待遇改善 松村  明
<特集・育成的処遇>
  ・少年鑑別所における少年の健全な育成を考慮した処遇について
  ・横浜少年鑑別所における育成的処遇
  ・大津少年鑑別所における園芸指導
 
和田  徹
福永瑞恵
岸本武士
カリフォルニア州の少年矯正(最終回)訪問施設レポート(2) 山本善博
<刑政時評>男子少年の性的被害について 小林寿一
<女性職員の執務環境改善>(シリーズ42)東京矯正管区「女子刑務所改革プロジェクト」について(4) 法務省矯正局女性職員執務環境改善プロジェクト・チーム
<実践レポート>被虐待経験を有する少年のグループミーティング~その生の声を聞いて~(後) 杉山加奈子
<実務講座>行動観察の留意点 田中大介
Vol.121 No.7 (通巻1417号) 平成22年7月
<目で見る矯正>受刑者の懲罰受罰人員・怠役事犯による受罰人員の比率の推移
<巻頭言>ユートピアと犯罪防止 室井誠一
宮城刑務所における釈放時保護の現状 花田百造
神奈川医療少年院における出院時保護業務の現状 伊藤広行
<特集 “社会を明るくする運動”>
   ・犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ--更生保護の現場における最近の動きを中心に
   ・“社会を明るくする運動”第60回を迎えて
   ・更生保護施設「両全会」の
 
幸島  聡
 
金井素子
小畑輝海
カリフォルニア州の少年矯正(第2回)訪問施設レポート(1) 山本善博
<刑政時評>教員免許更新制の轍を踏まないために 伊藤茂樹
「知的ボーダーにある者に対するファシリテーション」に関する研究会の開催--奈良少年刑務所におけるアンガ―マネジメント導入の取組について 小西好彦
<女性職員の執務環境改善>(シリーズ41)東京矯正管区「女子刑務所改革プロジェクト」について(3) 法務省矯正局女性職員執務環境改善プロジェクト・チーム
<刑政落穂ひろい>第四話  小塚原の仕置場を紐解く 亀川泰照
<実践レポート>被虐待経験を有する少年のグループミーティング~その生の声を聞いて(前) 杉山加奈子
<実務講座>少年院送致となった加害者の処遇状況等に関する通知における留意事項について 櫻田  香

<TOP>

Vol.121 No.6 (通巻1416号) 平成22年6月
<目で見る矯正>年末在所外国人被収容者数の推移
<巻頭言>静止衛星 高橋裕紀
少年法の理念と少年院法改正 後藤弘子
刑事裁判への市民の参加--フィンランドの参審制度を中心として 齋藤  実
平成22年度矯正運営の重点施策について 西田  博
カリフォルニア州の少年矯正(第1回)制度の概要 山本善博
少年院在院者による苦情の申出制度の運用状況について 島崎公弘
<刑政時評>福沢諭吉と法(第1回)福沢諭吉--法の実践者 岩谷十郎
矯正施設における職員不祥事防止研修担当者への研修について 吉村幸司・
藤田知美
<女性職員の執務環境改善>(シリーズ40)東京矯正管区「女子刑務所改革プロジェクト」について(2) 法務省矯正局女性職員執務環境改善プロジェクト・チーム
<刑政落穂ひろい>第三話  小塚原の仕置場を紐解く 亀川泰照
<実践レポート>当所における作業安全衛生管理の計画・実施・評価・改善について(加古川刑務所) 横山  勝・
馬本恵里
<実務講座>公用文書の作成法(後)文書作成上の留意事項 伊東美貴子
Vol.121 No.5 (通巻1415号) 平成22年5月
<目で見る矯正>平成22年度矯正予算の内訳
<巻頭言>日常の「ことば」を吟味しましょう 林  和治
少年院の運営について 土持三郎
栃木刑務所における処遇困難者の処遇 熊懐洋子
少年院における処遇困難少年の処遇 伊藤真名世
施設内虐待の防止~虐待に走る援助者の心理過程と自己理解 市川和彦
<刑政時評>変わるもの変わらないもの 後藤弘子
平成22年度矯正予算の概要 法務省矯正局
総務課
<女性職員の執務環境改善>(シリーズ39)東京矯正管区「女子刑務所改革プロジェクト」について(1) 法務省矯正局女性職員執務環境改善プロジェクト・チーム
<刑政落穂ひろい>第二話  小塚原の仕置場を紐解く 亀川泰照
<実践レポート>浪速少年院の「共育」的取組 小田久士
<実務講座>公用文書の作成法(前)用字・用語の基礎知識 伊藤美貴子
Vol.121 No.4 (通巻1414号) 平成22年4月
<目で見る矯正>少年鑑別所新収容者の年齢層別比率の推移
<巻頭言>地の塩 児玉一雄
宗教教誨の変遷といま--法改正を挟んで 近藤哲城
篤志面接委員活動を考える 福田紀夫
矯正施設における職員不祥事の現状 畠山由則
<刑政時評>発達犯罪学が示唆するもの 小林寿一
<女性職員の執務環境改善>(38)
育児休業を交互に取得した矯正職員夫婦の体験談
  ・私の育児休業体験記
  ・夫の育児休業のすすめ
 
 
河喜多寛治
明星佳世子
<刑政落ち穂ひろい>第一話  小塚原仕置場を紐解く 亀川泰照
<実践レポート>(島根あさひ社会復帰促進センター)盲導犬パピー育成プログラムについて 山本貴祐
<実務講座>高齢受刑者の処遇(後)処遇上の留意点等 門田  勉

<TOP>

Vol.121 No.3 (通巻1413号) 平成22年3月
<目で見る矯正>国際受刑者移送法に基づく送出移送の実績
<巻頭言>市民的なぬくもり 石毛 博
韓国における少年矯正処遇制度 崔 鍾植
少年非行事例への介入技法--Multisystemic Therapy 大宮宗一郎
矯正の回顧--平成二一年版 矯正局
<刑政時評>不登校対策が見落としたもの 伊藤茂樹
<女性職員の執務環境改善>(37)
平成二一年度における女性職員執務環境改善プロジェクトの活動について
法務省矯正局女性職員執務環境改善プロジェクト・チーム
<実践レポート>(川越少年刑務所)チャレンジ・ミーティングの実施について 長谷部伸之
<実務講座>高齢受刑者の処遇(前)高齢受刑者の特性と処遇上の配慮 門田 勉
Vol.121 No.2 (通巻1412号) 平成22年2月
<目で見る矯正>刑務共済組合短期給付の実情と内訳
<巻頭言>新法に相応しい処遇環境を 中山  厚
<特集・職業訓練>
   矯正施設における職業訓練の現状と課題
   若草技能訓練所における職業訓練
   笠松刑務所における職業訓練の現状と課題
   東北少年院における職業訓練の現状と課題~就労支援を踏まえて
   榛名女子学園における職業補導
 
矯正局
岡本  淳
澤田好生
伊藤雅美
阿部真紀子
高齢犯罪者の釈放前調製における外部との連携について~社会福祉の立場から 古川隆司
<女性職員の執務環境改善>(36)女子刑務所で男性職員が働くということ 白岩眞一
<実務講座>矯正における情報システムの活用(第2回)
   情報セキュリティの取扱い
二階堂亮治
Vol.121 No.1 (通巻1411号) 平成22年1月
<目で見る矯正>刑事施設の女性職員の業務負担の現状
<年頭のごあいさつ>専門家としての矜持と努力--「億の巨匠」が並び立つ世界 尾崎道明
裁判員制度のスタートと矯正の実務~裁判員裁判の法廷における被告人の戒護 大口康郎
<新春座談会>女子刑事施設の将来を語る~その望ましい姿を求めて 澤田健一ほか
<刑政時評>女性と犯罪とメディア 後藤弘子
<女性職員の執務環境改善>(35)おばさん統括、男子刑務所を行く--男子刑務所で女性職員が働くということ 日高みちえ
<実務講座>矯正における情報システムの活用(第1回)情報システムの取扱い 二階堂亮治
<実践レポート>少年鑑別所における入退所実務マニュアルの作成 福島少年鑑別所

<TOP>

ホームへ 前のページへ


Copyright (C) 2003-2018 Japanese Correctional Association Library, All rights reserved.
<お問い合わせ>