矯正図書館中央研究所紀要>第18号


『中央研究所紀要』 第18号

第16号 第17号 第18号 第19号 第20号
第11号 第12号 第13号 第14号 第15号
第6号 第7号 第8号 第9号 第10号
第1号 第2号 第3号 第4号 第5号

*全文をご覧になるには、タイトルをクリックしてください。*

第18号 [平成20年] (2008年12月15日発行)

女子刑務所の処遇に関する研究(その2) PDF(3.50MB)
多田一,竹下賀子
【要旨】
本研究では昨年度から引き続き,女子刑務所における処遇体制の現状を把握することを目的として,刑務所職員の職務に対する意識調査を実施している。男子刑務所職員と女子刑務所職員の職務に対する意識の比較から,女子刑務所職員は受刑者の改善・更生に対する意識が高いこと,職員育成に関する問題は女子刑務所においてより顕著に現れていることが分かった。また,職場のストレスの高さなど,男子刑務所・女子刑務所に共通する課題も明らかになった。
一般改善指導の実施内容に関する調査研究 PDF(1.69MB)
佐藤良彦,坂井勇,谷村昌昭
【要旨】
本研究では,各刑事施設が実施している一般改善指導の全体像を把握することを目的として,その指導内容や指導者,教材等の調査を実施した。その結果,すべての刑事施設で一般改善指導が実施されているものの,実施講座数などの実施状況には,施設間で差があることが明らかとなったほか,限られたスタッフで指導を実施しなければならない中で,映像教材や音声教材が活用されていること等が明らかになった。
少年院在院者の保護者に対する措置等に関する研究 PDF(1.64MB)
佐藤良彦,谷村昌昭
【要旨】
本研究では,少年院及び少年院処遇規則の一部改正により明文化された保護者に対する措置等について,各少年院の企画・実施状況等の調査を実施した。その結果,各少年院が作成している「保護者ハンドブック」について,多くの保護者に交付・説明がなされ,活用が進んでいることが明らかとなった。また,少年の個別担任職員や所属寮職員が,保護者との面談の8割以上について対応するなど,保護者対応の大きな部分を担っている現状等が明らかになった。
少年鑑別所入所少年の特質に関する研究-年齢層ごとの比較 PDF(6.92MB)
多田一,竹下賀子
【要旨】
本研究では,少年鑑別所入所少年の年齢層ごとの特質を明らかにするため,鑑別統計資料の分析と全国の少年鑑別所入所者に関する調査を実施した。その結果,18歳以上の年長少年と16・17歳の中間少年との間に大きな質的差異は認められなかった。一方,14歳未満の低年齢少年については,他の年齢層の者と比較して資質面・環境面において困難な状況にある者が多いことが明らかになった。

ホームへ 一覧のページへ


Copyright (C) 2003-2017 Japanese Correctiional Association Library, All rights reserved.
<お問い合わせ>