矯正図書館>刑事政策文献情報


刑事政策文献情報

矯正図書館の新着受入資料から、刑事政策に関連する論文記事等を掲載します。

  • 受入雑誌については「継続受入雑誌一覧」「新着雑誌」をご覧ください。
  • 矯正協会発行の月刊誌『刑政』の「文献月報」に、順次、掲載します。
  • コピーをご希望の方は複写依頼のリンクをクリックして必要事項を入力して送信してください。→複写依頼
    (著作権法により最新号はコピーできませんので、ご了承ください。)

9月, 8月, 7月,  6月~4月

2020年9月

▼矯正研究(矯正協会)3

・刑務所の処遇風土に関する基礎的研究-刑務所風土と,改善更生,デシスタンスとの関係……松田美智子
・刑務官の処遇と受刑者の変容に関する一考察-処遇体験記の分析を通じた「見える化」の試み……白永陽子
・矯正処遇の評価-エビデンス・ベイスト・プラクティスを推進するために……原田隆之
・米国の司法取引と量刑手続……赤田実穗
・矯正院法下の少年院に関する文献目録-少年院制度100周年に向けた基礎資料として……小島富美子

▼犯罪学雑誌86-2(第56回日本犯罪学会総会報告)

・犯罪学から日本の刑事法システムへの提言……岩井宜子
〈シンポジウム―再犯と再犯防止〉企画趣旨……安部哲夫/統計から見る再犯と再犯防止の現在……渡邉一弘/矯正における再犯防止へ向けた取り組み……吉野智/更生保護-社会内における再犯防止の取り組みについて……原淳一郎/刑事政策と精神障害……井原裕/犯罪社会学と再犯防止……齊藤知範

▼更生保護71-5

・第70回”社会を明るくする運動”~犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ~の推進に当たってのお願い……森まさこ
・ひまわりの譜とともに15年、そして金原明善へ……五島つばき
・第70回“社会を明るくする運動”~犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ~に当たって……“社会を明るくする運動”中央推進委員会事務局
・情報が溢れ、情報の流れが速い時代の中で……植竹智央
・第69回“社会を明るくする運動”~犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ~の実施結果について……法務省保護局更生保護振興課

▼家庭の法と裁判25

・〈外国少年司法事情19〉北欧(18) スウェーデンの少年保護法制-社会事業局の活動(その3)……廣瀬健二
・〈少年矯正の現場から〉(第15回)少年鑑別所の地域援助における警察との連携の実情について……東村和人

▼ケース研究338号

・戦後の家裁は少年をどう支えてきたか……清永聡

▼法曹時報72-4

・刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律79条1項2号に該当するとして保護室に収容されている未決拘禁者との面会の申出が弁護人又は弁護人となろうとする者からあった場合に、その申出があった事実を未決拘禁者に告げないまま、保護室に収容中であることを理由として面会を許さない刑事施設の長の処置が国家賠償法1条1項の適用上違法となる場合……笹本哲朗

▼法律時報92-7

・70回目を迎える”社会を明るくする運動”……長尾和哉

▼季刊刑事弁護102

・刑罰制度の変容-執行猶予と保護観察……正木裕史
・〈連載:法律家のための犯罪学入門〉(第40回)家族と非行の犯罪学……浜井浩一
・〈ブック・レビュー〉あらためて少年法の「理念」を学ぶために,『少年犯罪はどのように裁かれるのか。―成人犯罪への道をたどらせないために』須藤明著,合同出版,2019年……松田和哲

▼季刊刑事弁護103

・〈刑事弁護ニュース〉少年法適用年齢引き下げに反対する意見書……少年事件を担当した元裁判官有志一同
・〈ブック・レビュー〉付添人活動で脳科学の知見をどう活かすか-山口直也編著『脳科学と少年司法』現代人文社・2019年……土橋央征

▼法律のひろば73-7

・通年的な運動の推進を目指して~第70回”社会を明るくする運動”―犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ―に寄せて……古川芳昭

▼判例時報2441

・〈死刑制度論のいま―基礎理論と情勢の多角的再考〉(6)死刑制度論における世論の意義……本庄武

▼地域保健51-4

〈特集:どこからが体罰か―体罰等によらない子育て推進における母子保健の役割〉座談会:なぜ体罰はいけないのか-逆境的小児期体験が及ぼす影響と虐待予防……中板育美,福丸由佳,高祖常子

▼日本精神科病院協会雑誌39-6

・医療観察法施行15年-現状と課題……松田ひろし

▼帝京法学33-2

・作業義務と作業報酬-ドイツにおける矯正(2)……堀田晶子

▼獨協法学111

・矯正施設における終末期ケアの在り方(3・完)……神馬幸一

▼同志社法學72-1

・死刑と人権……大谷實

▼法と政治71-1

・対馬藩の加重死刑について-「罰責」掲載の判決の紹介を中心に……守屋浩光

▼國學院法學第57-4

・「公事方御定書」を改編した幕府法律書-「寛保律」百箇条について―論考篇……高塩博

▼北大法学論集71-1

・社会奉仕活動は新しい主刑となりうるか?-ドイツにおける現在の議論と改正の動き……グンナー・ドゥトゥゲ,小名木明宏

▼関西大学法学論集70-1

・施設見学記録 (平成30年分)……永田憲史

▼法學政治學論究125

・韓国の更生保護施設における変革と日本への示唆……朴珠熙

▼金沢法学62-2

・家庭裁判所における機関連携の変遷と展望-「他」機関連携から「多」機関連携へ……大貝葵

▼北海学園大学法学研究55-4

・認知症受刑者の状況と受刑能力について……菊池隆司

▼法政研究(九州大学)86-4

・少年刑事司法法典法律の部を含む二〇一九年九月一一日のオルドナンス第二〇一九―九五〇号に関する共和国大統領への報告書《資料》……井上宜裕 (訳)
・フランス少年刑事司法法典―二〇一九年九月一一日のオルドナンス第二〇一九―九五〇号(一)……フランス刑事立法研究会(訳),井上宜裕
・少年の拘禁体制に関する二〇一三年五月二四日の通達(4・完)……フランス刑事立法研究会(訳),井上宜裕

▼日本法學85-4

・犯罪被害者のダイバージョン制度への積極的関与に関する一考察……西山智之

<TOP>

2020年8月

▼矯正医学68巻3号

〈第66回日本矯正医学会総会〉
・〈会長講演〉矯正医療における医師の使命~法務省の医師という選択を振り返って……矢野健次
・〈特別講演1〉高次脳機能障害と発達障害……橋本圭司
・〈特別講演2〉精神障害を来す抗NMDA受容体脳炎:診断と治療上のピットフォール……飯塚高浩
・〈シンポジウム〉再犯防止施策の現状について……(司会)小島まな美,(シンポジスト)宮口英樹,桑原行恵,伊豆丸剛史,歳森薫夫
〈一般講演抄録〉
・宮城刑務所における皮膚トラブルへの対応について……渡邉真喜ほか
・治りにくいキズのマネジメント……矢田耕大ほか
・褥創に対して簡易型陰圧閉鎖療法を導入した症例……岡本伸也ほか
・脳性麻痺患者に対するADL低下予防と褥創治療への取組~医務と処遇との連携の必要性……佐藤都世子ほか
・福井刑務所における歯科治療の実際~認知症患者の義歯修理を通して……石橋亜紀子ほか
・宮城刑務所における歯科診療の現状について……髙橋洋一ほか
・名古屋刑務所における歯科治療の現状……木村俊介ほか
・福岡刑務所における歯科治療……重永香代子ほか
・オーラルフレイル予防を目指した長期収容施設における歯科治療について……魚島マリコほか
・少年鑑別所における男子素行障害少年の共感力等心理特性の研究(4年目報告)……三浦英樹ほか
・矯正施設における自律訓練法の有用性について……北守茂,宮島啓将
・放火や暴力を繰り返す精神遅滞の女子少年に絵本や紙芝居を用いてアプローチした1例……江原美智子,佐藤由紀,遠藤季哉
・非行少年における発達障害-性非行の事例から見えること……定本ゆきこほか
・第三種少年院在院者の食行動異常に対する看護師の取組-そこから考える当院の看護モデルとは……中澤由香里ほか
・当院における物質使用障害への取組……中野温子
・カタトニア(緊張病)を反復した統合失調症の1例……藤野好彦ほか
・人格変化をきたした認知症事例への作業療法的アプローチ……濱田暁子ほか
・覚せい剤精神病患者の背景要因についての検討……関口陽介,奥村雄介,岡田幸之
・自閉症スペクトラム障害の被収容者への医療的支援について……山本智美ほか
・大阪医療刑務所における摂食障害を有する患者の受入れ状況と保護調整について……横内正人ほか
・専門的な医療を要する触法精神障害者の出口支援に関する検討……岡村麻梨佳,野島修,奥村雄介
・宮城刑務所における経口抗ウイルス薬を用いたC型肝炎治療について……佐々木佳子ほか
・東日本矯正医療センターにおける院内感染対策への取組……山口敏行ほか
・矯正施設におけるHIV感染症の診療について……山口敏行ほか
・東日本矯正医療センターにおける感染制御チーム(ICT)活動について……平川通子ほか
・平成30年度季節性インフルエンザの発生とアウトブレイク防止への取組……丸山直己ほか
・インフルエンザの感染拡大を阻止しえたオセルタミビルリン酸塩(タミフル®)の予防投与について……野崎剛弘ほか
・養護居室(工場)被収容者への看護と介護の対応について……楚輪良ほか
・第1種及び第2種少年院における医療の役割についての1考察……島陽一ほか
・スウェーデンのハーフウェイハウスを視察して……中川渉,佐々木彩子
・国賠訴訟への医師の積極的関与による法曹三者の医学教育とその意義……池田正行・准看護師養成所の変遷、現状と課題……北原朱美ほか
・医療重点施設への迅速な受送について……村上研哉ほか
・3年間における凍瘡予防対策と効果の検証……一杉正仁ほか
・食物アレルギーに対する当院での取組……島陽一ほか
・「味覚障害」と低亜鉛血症について……成田公太郎ほか
・他覚的所見による腰痛スケール化の試み-「小川スケール」を用いた腰痛の判定……小川幸司ほか
・大阪医療刑務所における急変時の対応-処遇と医療の連携……大平千賀子ほか
・情報共有シートの活用法-3年目経過報告……石橋亜紀子
・女子施設地域連携事業 高齢者対象「いきいき体操」100回を迎えて……内ノ村真由美ほか
・DWIBS(ドゥイブス)検査-3.0T MRIでできること……鈴木光昭ほか
・当センターでのリハビリテーション効果の検討……石渡正美ほか
・被収容者の異変を工場担当が指摘し、発見に至った悪性リンパ腫の1症例を経験して-処遇との連携を密に行なうことの大切さ……佐藤剛ほか
・難治性発熱と腰部痛が化膿性脊椎炎と診断されるまでの1症例について……徳武厚太郎ほか
・外国人被告にみられた大量胸水貯留例……石野智邦ほか
・低用量ピル(エストロゲン・プロゲステロン配合薬)を導入した2例……石谷健,折戸征也,佐藤博久
・ビタミンB1欠乏症が疑われた3症例……田渕賀裕
・診断に苦慮した栄養障害性多発神経炎の1例……櫻田麻希ほか
・肝性脳症を繰り返す重症肝硬変患者にカナマイシンが著効した1例……野崎剛弘ほか
・市原刑務所における被收用者の終末期医療に対する認識に関する検討……廣瀬雅教,白石貴子,宇梶義一
・終末期の被収容者に持続皮下注射を導入して……進藤あけみほか
・大阪医療刑務所の終末期医療について-栄養士の視点から……松本勲ほか
・終末期透析患者の経験……大澤義幸ほか
・入所時すでに重篤な肝硬変症状を呈した労役患者の刑の執行停止の事例……福田武ほか
・終末期多発転移性脳腫瘍患者に対する執行停止への取組-社会の耳目を集めた反社会的集団に属する者の執行停止に伴い経験した事例……福田武ほか
・「末期」肝硬変症者の医療・社会的措置の組立に難渋した1例……井上貴志ほか

<TOP>

2020年7月

▼矯正研修所紀要34

・職員の職務能力を実践的かつ効果的に向上させる方法について……佐藤俊,江藤孝志
・人事事務の合理化、効率化について……宮本悠起子
・初心者に向けた調達事務マニュアルの策定……阿部諒介,大盛宏樹
・次期システム構築に向けた被収容者データ管理システム等業務アプリケーションの研究……矢野光明,副島秀一郎
・SCRP1を用いた効果検証を実施する職員用の活用マニュアルの作成及びSCRPによる効果検証を実施する上での課題の整理……飯野忠樹,衛藤慶興
・ITを利用した効率的な刑務作業事務処理の実用化について……菊池正人,島田聖,大野孝成
・刑事施設におけるストーカー事犯者に関する基礎的研究III……林秋成
・刑事施設における知能・作業能力検査に関する基礎的研究……中村望
・矯正施設における就労支援の効果的な実施方法について……眞鍋明稔,神垣一規
・AI又はICTを活用した警備・監視体制の在り方について……田川宣敬,前田裕治
・地域援助における心理検査の開発に関する基礎研究……平川奈々
・研修教材「成人矯正法」の改訂……武田晃一,和田悠揮
・研修教勢「矯正心理学」の改訂……小泉達士
・矯正官署における成果物の体系化等に関する研究……松本誠司

▼犯罪心理学研究57-特〈日本犯罪心理学会 第57回大会発表論文集〉

(処遇・査定・評価1)刑事司法と精神保健福祉サービスの地域連携構築に向けて……戸井宏紀/改善指導受講前後での性犯罪受刑者の変化についての考察-Iワルテッグ描画テストを通じて,IIバウムテストを通じて,IIIロールシャッハ・テストを通じて……鈴木純一ほか/女性の更生保護施設における更生・回復支援プログラムにおける一考察……小川千晶/少年院退院者の非行からの離脱過程と支援者としての自己の確立との関連(4)……林秋成/暴力事犯者の改善指導における変化の過程……高野光司ほか
(各種犯罪・犯罪者・捜査)テロ事件の実施計画に対するCIT-日付と場所の事前検出……中山誠/性犯罪者の防衛的構えの背景要因と内省促進要因に関する研究……大江由香/離散撰択モデルを用いた地理的プロファイリングの基礎研究……玉木悠太/対人援助職の心理適応-非行犯罪臨床の現場から……谷本拓郎ほか/短期的・長期的リスクを考慮した脅威事案の発生予測手法……大山智也ほか/平成28年熊本地震が非行の動向に及ぼした影響に関する考察(2)……高橋智晃ほか
(査定・評価2)PC用日本語版アイオワギャンブル課題の開発と英語版との同等性の検討(2)……遊間義一ほか/神経心理学的検査を用いた犯罪・触法知的障害者の攻撃性の類型と各類型の特徴……東條真希ほか/触法知的障害者の逸脱行動への前頭葉の機能とACTの交互作用……石田祥子ほか/アイオワギャンブル課題を用いた非行少年の意思決定における特徴の検討……仲里雄希ほか/刑務所からの外部通勤者選定における逃走リスク査定についての研究……辻啓之ほか/性的虐待および性的被害を受けた児童のソンディ・テスト反応……上松幸一
(査定・評価3)TATにおける基本反応と中核反応に関する検討……関山徹/成人男子受刑者の日本版ウェクスラー式知能検査第4版の結果に関する報告-1知的能力の特徴について,2知的能力の特徴について,3下位検査〈パズル〉における特徴について……久保多伽良ほか/性的問題はバウムテストでどのように表現されるか……阿部惠一郞/バウムテスト(3枚法)に表れる覚醒剤依存者の心理的特徴について……家﨑哲
(非行・犯罪観)開放処遇施設における受刑者の逃走リスクについて-危機場面と適応過程のモデル化……福場和雄ほか/刑事裁判に対する一般市民の態度に関する社会心理学的研究……戴伸峰/非行からの立ち直りイメージの協働プロセスに関する一考察……里見聡ほか/受刑者の拘禁依存傾向が社会復帰に対する態度に及ぼす影響-台湾の刑務所における調査……黄景逸ほか/常習窃盗を行う摂食障害患者のパーソナリティ障害についての研究報告……下中由有紀ほか/児童虐待∈(福祉心理学 ∩ 犯罪心理学)……緒方康介/幼児期の気質・環境要因が高校生時点の反社会性に及ぼす影響-行動決定心的過程に着目した検討……吉澤寛之ほか
(査定・評価4)MJSCTを用いた男子受刑者及び女子受刑者の男女観の検討(1),(2)……金子恵ほか/非行少年の家庭、保護者に関する調査研究-法務少年支援センターにおける非行防止、家族支援に向けて……西邑翼ほか/薬物依存からの立ち直りについて-複線経路・等至性モデルによる分析……服部広正ほか/累犯高齢受刑者のバウムテストの特徴-主観的幸福感の観点からの考察……元吉誠ほか
(事例発表)犯罪の心理力動的考察-窃盗、性犯罪、暴行事例を通じて……中村大輔/処遇に配慮を要する受刑者に対する集団芸術療法の効果について……鍋島宏之ほか/窃盗再犯防止指導における受刑者グループへの音楽ナラティブ・アプローチの導入……松本佳久子ほか
(全体シンポジウム)少年法適用年齢の引下げを考える-犯罪行動学の視点から……岡本吉生ほか
(シンポジウム1)犯罪心理学と命……門本泉ほか
(シンポジウム2)犯罪予測-地理的プロファイリングで将来の犯行地を予測する……渡邉和美ほか
(シンポジウム3)小児期の逆境体験(ACEs : Adverse Childhood Experiences)」と非行・犯罪の関係を考える-生物学的、心理学的、社会的次元を結ぶ視点から……古川輝ほか
(シンポジウム4)司法・犯罪心理学の新しい研究スタイルを考える-エキサイティングな研究を目指して……入山茂ほか
(シンポジウム5)司法・犯罪領域の心理臨床家の育成について-若手心理士の立場から……荒千陽ほか
(シンポジウム6)薬物依存症者の回復支援に心理学はいかに貢献するか……有野雄大ほか
(シンポジウム7)切れ目のない処遇・支援について-女性薬物犯の模擬事例をもとに……藤野京子ほか
(シンポジウム8)「犯罪心理学研究」に論文を投稿する若手研究者へ 量的研究を中心に……桐生正幸ほか
(シンポジウム9)犯罪心理学における心理学鑑定の実際と展望……越智啓太ほか

<TOP>

ホームへ  次のページ


Copyright (C) 2003-2020 Japanese Correctional Association Library, All rights reserved.
お問い合わせ