矯正図書館刑事政策文献情報>バックナンバー


過去の文献情報

5月,  4月,  3月

最新号分はこちら

2021年5月

▼法と精神医療35

・英国の矯正施設における精神科医療の現状と日本の課題……岡村麻梨佳
〈シンポジアム:精神障害に罹患した非行少年の処遇〉シンポジアムの趣旨……柑本美和,少年院における非行少年の処遇-第三種少年院の意義と今後の課題……大橋哲,精神障害に罹患した非行少年の処遇―思春期青年期精神医療の可能性……井口英子,精神科病院での入院を必要とする子供と治療―その根底にある虐待と成果物としての非行に注目して……吉岡眞吾,精神障害に罹患した非行少年処遇の望ましいあり方―刑事政策的観点から……吉中信人

▼月刊福祉104-5

〈渋沢栄一の歩みから見る福祉の今〉[第9回]社会福祉法人東京家庭学校……稲松孝思,二井仁美

▼月刊生徒指導51-3

・〈生徒指導アーカイブス(12)〉専門機関からみた学校との連携の課題―少年鑑別所からみた学校との連携の実際と課題……中村豊,遊間千秋

▼龍谷大学矯正・保護総合センター研究年報10

・近代東アジアにおける行刑累進処遇制度の形成に関する考察……林政佑
・知的障害のある性加害者への治療教育プログラムにおける「わかりやすさ」と支援者の役割……我藤諭,山﨑康一郎,水藤昌彦, 森久智江

▼龍谷法学53-1

・終末期の受刑者とファースト・ステップ法-Compassionate Releaseの拡大と課題……古川原明子
・死刑および終身刑に対する市民意識……大谷彬矩,山崎優子

▼龍谷法学53-2

・高齢受刑者と末期受刑者に対する処遇-イギリスの実践……古川原明子

▼龍谷法学53-4

・新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によるパンデミック下の刑事司法制度と犯罪被害者支援:イギリスで最初のロックダウン後に生じた影響を手がかりに……吉村真性

▼同志社法學417II

・罪を犯したパーソナリティ障害を有する者の刑事責任能力判断とその処遇……緒方あゆみ
・矯正・更生保護における犯罪被害者―被害者施策及び加害者処遇両面からの考察……阿部千寿子
・少年法における逆送と移送の判断基準についての一考察―少年が二度逆送された事例を契機に……佐藤由梨

▼立命館法學392

・「終身刑」論と刑法のあり方(二・完)―国家的統制法の縮減と社会的調整(規整)法の展開 Control から regulation へ……生田勝義

▼法経論叢(三重大学)38-1

・昭和戦前期までの未成年者の「保護」について-児童保護に関連する法律における「保護」とは何を指してきたのか……田中亜紀子

<TOP>

2021年4月

▼ケース研究340

・東京少年友の会立川会の教育的措置支援活動について……東京少年友の会立川会

▼家庭の法と裁判30

・〈外国少年司法事情23〉北欧(22) スウェーデンの少年保護法制―施設内処遇……廣瀬健二
・〈更生保護の現場から〉[第17回]地域生活定着促進事業について……高津努
・〈子どもの話を聴くための手法と実践例―司法面接の技法をいかして・第6回〉司法面接と特別措置……仲真紀子

▼論究ジュリスト35

・〈刑事判例研究〉保護室に収容されている未決拘禁者との面会の申出が弁護人等からあった場合に刑事施設の長がとるべき措置―最高裁平成30年10月25日第一小法廷判決……朝村太一

▼判例時報2465・2466合併号

・〈死刑制度論のいま―基礎理論と情勢の多角的再考〉(7)再審請求中の死刑執行と再審請求手続……葛野尋之

▼判例時報2467

・〈判決録:民事〉刑務所内で受刑者が金属製のバール及び玄能(ハンマー)を用いて抜釘作業中に、受刑者の左眼に異物が当たり視力低下の障害が残った事案で、刑務所の職員に保護眼鏡の着用を指示することを怠った職務上の注意義務違反があったとされた事例―損害賠償請求事件、奈良地裁平成29(ワ)654号

▼法曹時報73-3

・令和元年における刑事事件の概況(下)……最高裁判所事務総局刑事局

▼法学セミナー66-3

・〈リレー連載:新型コロナと法〉[第13回]コロナと闘う世界の刑事司法―ITを駆使した取り組みとその課題……指宿信

▼法律のひろば74-3

・〈ひろば時論〉少年法の在り方等に関する法制審議会の答申について……(刑)

▼法と心理20-1〈特集:法と心理学会設立20周年記念〉

・刑事司法実務の正確な理解に根差した心理学研究と、刑事司法と心理学との交流の意義―検察官の視点から……石井隆
・〈ワークショップ〉改革がすすまない4つの課題と人権に対する市民意識(2)―研究と教育のアプローチの可能性について……斧原藍(企画・司会)大谷彬矩ほか(話題提供) 橋場典子(指定討論)
・〈ワークショップ〉法律上の罪と道徳上の罪―裁判員裁判における量刑を素材として……山縣芽生(報告), 外塚果林(企画・司会・報告) 本庄武(指定討論)
・〈ワークショップ〉性犯罪の再犯予防に関する現状と課題―領域横断的な共同研究の可能性に焦点を当てて……上宮愛,仲真紀子(企画)鈴木愛弓ほか(話題提供) 山本渉太ほか(指定討論)
・厳罰傾向とアイデンティティの不安定性の関連に対する排他性の媒介効果……向井智哉,藤野京子
・更生保護施設における薬物事犯者に対する地域支援……渡邊敦子ほか

<TOP>

2021年3月

▼犯罪心理学研究58-2

・更生保護施設建設に対する市民の態度に影響を及ぼす要因……小俣謙二,古曵牧人,川邉讓

▼研修870

・再犯防止に資する犯罪者処遇理論の潮流……山本麻奈
・令和2年版犯罪白書のあらまし~薬物犯罪……中塩東吾

▼法曹時報73-1

・家庭裁判所事件の概況(2・完)-少年事件……最高裁判所事務総局家庭局

▼法曹時報73-2

・令和元年における刑事事件の概況(上)
……最高裁判所事務総局

▼判例時報2463

・〈判決録:刑事〉第1種少年院を仮退院した少年(当時15歳)に係る戻し収容申請事件において、20歳までである法定の収容期間を変更する趣旨ではない旨説示しつつ、主文において審判の日から1年間となる期間を明示して第1種少年院戻し収容とした原決定につき、重大な違法があり、収容期間を定めたかのような誤解を招く決定主文を審判において告知したとの誹りは免れないとし、これを取り消した事例-第1種少年院戻し収容決定に対する抗告申立事件

▼更生保護72-1

・更生保護レジリエンスを高める……稲葉保
・東日本大震災から10年……田島佳代子
・『令和2年版犯罪白書―薬物犯罪―』のあらまし……渡邉一仁
・〈連載:更生保護座談会シリーズ3〉「地域共生社会と更生保護女性会活動」……千葉景子,古都賢一,笠井広一,今福章二
・〈紹介〉『令和2年版再犯防止推進白書』……法務省大臣官房秘書課企画再犯防止推進室
・〈連載:保護司制度の国際発信5〉ボランティアとの協働体制による性犯罪者処遇-オランダ王国における取組……オランダ王国保護観察協会
・就労支援と協力雇用主-協力雇用主として30年……林茂

▼更生保護72-2

〈特集:SNSの活用と影響〉ネット時代の保護司活動「リモートワークショップ」……額田光雄/SNSの活用とコミュニケーション……山中麦子/更生保護女性会活動とSNS……齋藤常子
・〈図書紹介〉『女子少年院の少女たち 「普通」に生きることがわからなかった』中村すえこ,さくら舎……杉山弘晃
・薬物ユニットの取組-つなぐ、つながる……東山和憲
・〈連載:更生保護座談会シリーズ4〉「これからのBBS運動」……小西暁和,橋本夏希,棚橋央登,今福章二
・〈連載:保護司制度の国際発信6〉京都コングレスにおける「ユースフォーラム」と「世界保護司会議」について……法務省保護局世界保護司会議準備プロジェクトチーム
・誰もが気楽に楽しく参加できる仕組みづくりを。-立ち直り応援基金を通じて取り組む#アクション……日本更生保護協会,法務省保護局更生保護振興課
・「更生保護行政における組織理念」の制定について……法務省保護局総務課人事係

▼季刊 刑事弁護105

・少年法55条に基づく移送決定を獲得した事案-わいせつ目的略取・監禁・強制性交等・傷害事件……中原潤一
・〈連載:法律家のための犯罪学入門 第43回〉矯正・保護に関するエビデンスからみた日本の犯罪者処遇への提言……浜井浩一
・少年法適用年齢に関する法制審答申の批判的検討……須納瀬学
・ブックレビュー:改善更生・再犯防止へのあくなき「挑戦」-『再犯防止をめざす刑務所の挑戦』手塚文哉(著),現代人文社,2020年……田鎖麻衣子
・ブックレビュー:対人援助を学ぶ-『当事者と援助者の「共助する関係」―刑事司法領域での対人援助の基本』水藤雅彦(編著),現代人文社,2020年……中田雅久

▼作業療法ジャーナル55-2

〈特集:刑務所から地域で支える更生保護へ―いま作業療法士に求められていること〉
・更生保護の現状と作業療法に期待される役割……今福章二
・司法領域において作業療法士に求められる技術……三川年正,西野由希子,鶴見隆彦
・実践レポート1:熊本刑務所の高齢受刑者に対する作業療法士の取り組み……野尻明子,濱砂美幸
・実践レポート2:更生保護施設における一般就労と福祉的支援の狭間にある者への作業療法プログラムの試み……宮口英樹,石附智奈美,中村美琴,多田志帆
・実践レポート3:保護観察官の取り組み……棟近展行,佐藤拓也
・実践レポート4:保護観察における作業療法の意義-保護司の実践……??田祐紀,棟近展行,佐藤拓也
・実践レポート5:通報されることがあるも触法行為に至ることなく地域生活を送れている事例……川口眞由

▼都市問題112-2

〈特集:再犯防止と出所者支援〉
・介護施設化する日本の刑務所とその原因……浜井浩一
・クレプトマニア・認知症と裁判-治療的司法観に基づく判決と再犯防止効果……林大悟
・社会福祉としての出所者支援……伊豆丸剛史
・「矯正施設」から社会へ-立ち直り支援のための施設内処遇のあり方……中島学
・出所者の“居場所”と“出番”をいかに確保すべきか……掛川直之
・『Chance!!』が繋ぐ刑務所と社会-受刑者支援の現状と課題……三宅晶子

▼法政研究(九州大学)87-3

・佐伯復堂について・再論……西英昭

▼南山法学44-2

・少年法適用年齢の引下げと刑事政策……丸山雅夫

▼法研論集(早稲田大学大学院)176

・中国の自由刑執行変更制度(1)-仮釈放の再考を手掛かりとして……金日?

▼広島法学44-3

・少年法上の処分選択に関する覚書……吉中信人

<TOP>

ホームへ 前のページへ


Copyright (C) 2003-2021 Japanese Correctional Association Library, All rights reserved.
<お問い合わせ>